人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.16

アコースティックに匹敵する響きと音色を実現したヤマハのサイレントバイオリン『YSV104』

ヤマハは静粛性を備えた楽器、「サイレント」シリーズの新製品として、最新技術の導入によりアコースティックバイオリンを弾いているような豊かな響きや、自然な弾き心地が楽しめるヤマハ サイレントバイオリン『YSV104』を4月下旬より発売する。価格は本体のみの「YSV104」が9万9800円(税別)、本体に弓とケース、松脂を加えたセットモデル「YSV104S」が13万円(税別)。

 
「YSV104S」左は別売のコントロールボックス(9万9800円<税別>)

ヤマハは高い静粛性とアコースティックバイオリンに近い演奏感を同時に実現した「サイレントバイオリン」を、1997年から販売を開始。演奏時に周囲に聞こえる音量を抑えながら、イヤホンから自然なバイオリンの音色を楽しめる仕組みにより、時間や場所を問わず存分に演奏を楽しめる製品として、幅広いユーザー層から高い評価を得てきた。また、デザイン面においても特徴的な意匠が高く評価され、Red Dotデザイン賞1998(ドイツ)、iFデザイン賞1999(ドイツ)「ベスト・オブ・カテゴリー」、平成12年度全国発明表彰(日本)「発明賞」、2008年度グッドデザイン賞(日本)「ライフスケープデザイン賞/ロングライフデザイン賞」など国内外の数々の賞を受賞している。

今年でシリーズ発売20周年を迎えることを機に新たに投入する『YSV104』は、サイレントシリーズの特徴である静粛性に加え、アコースティックバイオリンから持ち替えても違和感のないリアルな音色と空気感豊かな響き、自然な演奏性を実現した、練習に最適なモデルとなっている。

その特徴として、同社の「サイレントギター」に搭載し好評を得ている「SRTパワードシステム」を、バイオリンとしては初めて搭載。この「SRTパワードシステム」により、共鳴胴のないデザインでありながら、バイオリンならではの胴鳴りの空気感や音色の変化など、自然なバイオリンの音を表現できるようになった。

さらに、アコースティックバイオリンを演奏しているかのようなリアルな音の聞こえ方を実現するために、楽器に近い左耳と、離れた位置の右耳で異なる聞こえ方になるよう、イヤホン使用時の左右チャンネルの音を最適に調節している。『YSV104』ではこれらの技術により、静粛性を重視した構造でありながらも自然な音色と響きを楽しむことができるのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。