みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >エンタメ
  3. >NY発の「朝ベジ」は朝食の新たなトレ…

NY発の「朝ベジ」は朝食の新たなトレンドになるか?(2017.02.16)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆野菜メインの朝食メニュー「朝ベジ」が新しい朝食トレンドに

 すでにSNSでは話題となっている「朝ベジ」とは野菜メインの朝食のこと。カゴメの新商品発表会では、新商品と共に「朝ベジ」を提案するレシピなどが紹介された。海外の食トレンドに詳しいトレンドウォッチャーのくどうみやこさんは、朝ベジが注目されている背景についてこう話す。

朝食ブームの新たなトレンド、NY発の「朝ベジ」は新しい朝食習慣として浸透するか?

 パンケーキ、アサイーボウル、エッグベネティクトなど、ここ数年、ニューヨークやアメリカ西海岸の朝食トレンドが日本で流行るというのが大きな流れがあるが、朝ベジブームの発祥はニューヨーク。現地でネクストトレンドとして話題になっているのが、野菜が主役の朝食で「#morningveggies」「#vegetablebreakfast」などのハッシュタグが人気を集めており、「パワーサラダ」、「ブッダボウル」、テキサス発祥の「朝タコス」もブームの兆しを見せている。

 日本でもすでにSNSを中心に「#朝ベジ」が4カ月で1500件ほど投稿されており、女優やモデルといったインフルエンサーの投稿も人気に拍車をかけている。野菜は色が豊富なのでフォトジェニックな絵が撮りやすく、インスタとも非常に相性がいい。

 朝ベジ人気には2つの要素がある。ひとつが意識的に健康、美容にいいものを選んで食べるというヘルスコンシャスなマインドが浸透してきたということ。健康志向の高い人たちが女性を中心に増えており、内面からきれいになりたいと、体に影響力のある食べ物を見直すという傾向が広がっている。

 もうひとつが、まず野菜から食べる「ベジファースト」の食習慣を実践しているということ。野菜を先に食べることで血糖値の上昇、食べ過ぎを抑えると言われ、健康、美容、ダイエットを気にしている女性がまず野菜から食べるという習慣が広がっている。朝ベジは新しい朝食スタイルとしてさらに浸透していくのではないかと思われる。

 出勤前に立ち寄って朝ベジができる飲食店も増えている。昨年トレンドになったボリュームのあるサラダ専門店も2号店を出すなど今年も引き続き人気を保っている。また、オフィスや企業でも朝ベジが広まり、企業が健康経営の一環として、オフィス向けの置き野菜

「OFFICE DE YASAI」をIT系会社を中心に徐々に導入を始め、現在も増えている状況。

 お総菜やサラダを提供している「RF1」でも朝ベジを謳った、野菜たっぷりのスープを新商品として出している。コンビニもスムージーなど各社独自で展開しておりそちらも好調だ。今年はさらにトレンドとして広がりを見せてくるのではないかと思われる。

1 2 3 4 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。