人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.14

2月の住宅ローン金利、前月から若干低下するも今後は上昇すると予測

全国763金融機関、1万7000超の住宅ローンプランを比較できる「WhatzMoney住宅ローン」を運営するWhatzMoneyが独自に2月実行分のローン金利状況を調査。その結果を公開した。

■10年固定金利は73行中6行が金利を引き上げ、7行は金利を引き下げし、金利動向はまちまち

2月の住宅ローン金利は、基準となる10年固定金利が少しずつ上昇傾向であることから、地銀を中心に金利は引き上げられた。一方、ネット銀行やメガバンクを中心に住宅ローン顧客獲得のために戦略的に金利引き下げを行なった金融機関もみられた。また、主要73行の10年固定金利型の平均金利は1.021%(前月比マイナス0.002%)となった。

10年固定金利型は、金融機関ごとに提示金利がまちまちとなってきたため、借り入れを検討している金融機関の金利水準が他行と比べて高くないかを確認した上で借り入れ検討を行なうことを推奨する。今後の金利動向については、米国で年内に何度かの利上げが予想されていること、日銀が長期金利を0%程度またはプラス圏で推移するように国債の買い入れを調整する政策を継続していることから、金利は徐々に上昇すると予測する。

■変動金利型は北越銀行のみが金利を引き下げ。他行は前月据え置きで変動金利は低金利が継続

変動金利型は、北越銀行のみが金利を引き下げており、他行は前月から据え置きとなった。その結果、主要銀行73行の変動金利型の平均金利は0.958%(前月比マイナス0.003%)となった。

■フラット35の最低金利は、返済期間20年以下のプラン、返済期間21年以上35年以下のプランとも金利は低下

フラット35の最低金利は、借入期間20年以下のプラン、借入期間21年以上35年以下のプランともに金利は下がった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。