人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社会人になったらバレンタインデーは社交辞令と思うべし!?

2017.02.11

■連載/ゆとりのトリセツ

新しい年を迎えて早一ヶ月、既に次のイベントが迫っておりますね。

チョコレート祭り、バレンタインデー。

浮き足立つ男性会社員に釘をさす意味で、あらためてバレンタインの“常識”を申し上げます

今回のコラムは、そんな来たるビッグイベント(?)に備え、新常識なんてちょっと大袈裟な切り口で綴って参りたいと思います。今年は貰えそうにない人も、トラック一台分貰っちゃうよという人も、あまり力まずに一読していって下さいませ。

【旧バレンタインの定義】

元々形のある板チョコをわざわざ溶かし、再び成形し、そこに自分の想いをもくっ付けて相手に押し付けよう!というのが、昔から広く知られているバレンタインの定義でしょう。

もらう側はなかなか無碍にはできない、そんな人間心理を上手に活用した作戦イベントでございました。好意の無い相手からでも、取り敢えずは受け取ってしまうでしょう。そして後から対処に困るのですね。この辺は後々。

筆者が中学になる頃には、そこにプラス“友チョコ”が加わって参りまして。男子に作るそれより、金がかかった覚えがございます。更に、友チョコ作ってて余ったからあげる、なんてツンデレな言い訳が出来るように、この一日はグレードアップ致しました。

そして、まだ本命か義理か、ハッキリしていた頃でもありましたね。好きな子にあげるお菓子を味見してくれと頼んで来たあの子、懐かしや。

さてさて、しかし、この辺りからバレンタインの定義が変わり始めた気がいたします。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。