人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.10

徹底的にムダを省いたyuhakuの超コンパクト財布『ARBERTE 札入れ』

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

「春財布」というフレーズを聞いたことがあるだろうか?これは音が「張る財布」と同じことと掛けて、旧暦の春に財布を替えることでお金が舞い込むことを祈願する風習のことである。恥ずかしながらそういうものをあるのを私が知ったのはつい最近で、てっきり「春カラーの財布」くらいの意味だと勘違いしていた…。

さて、今回は季節に合わせて財布を、しかも超コンパクトな財布を紹介しようと思う。コンパクトな財布というと過去にも『薄い財布 abrAsus』を紹介しており、私自身愛用している製品であるのだが、今回は「yuhaku」から発売されている『ARBERTE 札入れ』。を紹介する。こちらもまたコンパクトな製品で、しかもサイズだけ見れば『薄い財布 abrAsus』よりもコンパクトな製品である。写真と共に特徴を紹介していこう。

■『ARBERTE 札入れ』とは?

『ARBERTE 札入れ』は横浜のレザーブランド「yuhaku」が発売している牛革製の財布である。この製品のコンセプトは、使う人の動作を最小限にするように考えられた財布、と言える。詳しくは後ほど紹介するが、これまでの財布ではクレジットカードなどのカード類を使用する際、財布を開けてカードを取り出し、使用後は収納して財布を閉じる、という一連の動作が求められたわけだが、この財布の開閉の動作を省略できないか、というところに着目した製品となっている。

■『ARBERTE 札入れ』の外観

『ARBERTE 札入れ』は牛革製の製品であるが、シボ加工(表面に生じるシワのような加工)を施すことによって、傷や汚れが目立ちにくいだけでなく、手に馴染む触感を生んでいる。

使う動作を最小限にすることを考えた超コンパクトな財布『ARBERTE 札入れ』

私個人としてはそうした機能よりも何より、シボ加工そのもののデザインが気に入っているので、その点はこの製品を購入する大きな動機となった。本体正面の下部に製品名のロゴがプリントされているが、アルファベットがデザインとして機能していることもあって煩わしい感じはしない。

使う動作を最小限にすることを考えた超コンパクトな財布『ARBERTE 札入れ』

製品名はもう1ヶ所隠れており、場所はファスナーの部分。

使う動作を最小限にすることを考えた超コンパクトな財布『ARBERTE 札入れ』

こちらはプリントではなく彫刻されており、無地よりむしろ良いデザインになっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。