人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.10

SNSに投稿する自分の笑顔に自信ありますか?

ロッテは2月5日の「笑顔の日」に合わせ、全国の20代~30代の働く女性400人を対象に、インターネットによる「SNSと笑顔に関する意識調査」を実施。また、心理学者の晴香葉子氏に、日本人の笑顔についての見解をいただいた。

■日本人の「笑顔難民化」が進む。その背景はワークライフバランスの乱れも原因に

「あなたは現在、仕事においてストレスをどの程度感じますか?」という質問をしたところ、84%の人が仕事においてストレスを感じているということがわかった。また、2015年から2016年にかけて笑顔が減ったと回答している人に、笑顔が減った要因を質問したところ、1位に「仕事」という結果となった。

 

▼晴香葉子先生のコメント
ビジネスシーンでも女性の活躍に期待が高まっている今、多くの人にとって、一日のうちで仕事の占める割合が、とても大きなものとなりました。仕事がうまくいっていれば、生きがいや充足感につながる一方で、仕事上のストレスは、ワークライフバランスを乱し、不安や苛立ち、喪失感など、ネガティブな感情を生んでしまいます。心と表情はリンクしているので、ネガティブな感情に包まれると、眉間にしわがよったり、口角が下がったり……。表情から笑顔が減少していきます。また、IT機器を介してのコミュニケーションが増加し、一人で過ごす時間も増えていますが、一人で過ごす時間には、嫌な出来事を思い出しやすいという傾向があり、ネガティブな感情も増幅されやすく、笑顔も減ってしまいます。

■情報共有のプラットフォーム、“SNS”上でも笑顔に困っている実態が明らかに!

近年SNSを利用し、写真の投稿をする人が増えている中で、「SNSに投稿する用につくる笑顔に自信あるか」という質問をしたところ、78.5%の人が「自信がない」と回答。20~30代女性の約8割がSNSに投稿する笑顔に自信がない人ということがわかった。

「あなたは、SNS投稿用の写真撮影の際、笑顔のパターンに困ったことはありますか?」という質問をしたところ、53.8%の人が「困ったことがある」と回答し、2人に1人がSNSに投稿する笑顔のポーズに自信がないという結果になった。

「あなたがSNSで投稿する笑顔のパターンは何種類ありますか?」という質問をしたところ、1種類と回答した人は45.3%、2種類と回答した人が24.8%、3種類と回答した人が17.8%と言う結果になった。この結果から、SNSで投稿する笑顔のパターンが1~3種類の人は約9割という結果になった。

▼晴香葉子先生のコメント
「顔面フィードバック」といいますが、私たちには「笑顔でいれば楽しくなってくる」という心理効果があります。笑顔を心掛けることで、まず自分自身をよりハッピーにすることができます。また、表情というのは、世界共通のコミュニケーションで、特に笑顔は、社会的絆を深める役割を果たしていることがわかっています。人と一緒にいるときは、一人でいるときの30倍も笑うという調査結果もあり、相手が笑うと、こちらも笑顔になること、つまり、笑顔は伝播するということもわかっています。誰かを笑顔する簡単で効果的な方法は、“こちらが笑顔を届ける”というものなのです。

笑顔になるとセロトニンというホルモンが分泌し、幸福感をもたらしますが、そのほかにも、免疫力アップやアンチエイジング、美容効果、モチベーションや生産性の向上など、様々なメリットが示されています。あなたが笑顔でいれば、それだけで笑顔の伝播が起こり、同時に、周りの人たちへ様々な笑顔の効果をプレゼントすることができます。

【調査概要】
クリエイティブサーベイ調べ
インターネット調査期間:2017年1月14日~15日実施
調査エリア:全国
調査対象者:20代~30代の女性 400名

文/編集部

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。