人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

きっかけは?何をすればいい?「終活」の気になる中身

2017.02.09

仏事関連総合サービスのメモリアルアートの大野屋は、これからの人生を安心して豊かに過ごせるよう、葬儀や墓の事前準備や身のまわりの整理などの「終活」をサポートするセミナーを定期的に開催している。終活の取り組み内容も多様化する中、今回は2016年7月から12月に開催したセミナーの参加者男女のべ190名に終活に関するアンケート調査を実施。その調査結果をまとめた。

◆終活を始めたきっかけは?(複数回答可)

終活を始めたきっかけを調査したところ、回答者のほぼ半数となる48.2%が「年齢的に必要と感じた」と回答。次いで「大野屋のパンフレットやチラシ」が19%、「友人・知人の話」が8.9%、「友人・知人の葬儀参列」と「病気・けが・入院の経験」が共に6.7%という結果となった。また、「年齢的に必要と感じた」と回答した人は、70代と80代が共に36%、60代が18%となった。

 

◆いつごろから終活を始めたましたか?

終活を始めた時期を調査したところ、「1か月以内」と「1~3年前」と回答した人が共に25%、次に「半年~1年前」が17%、「3~5年前」が10%、「5年以上前」が9%、「1か月~半年前」が6%となった。全体の19%が3年以上終活を行なっており、時間をかけ熱心に終活に取り組んでいる人が一定の割合いることがわかる。

◆具体的にどのような終活を行なっていますか?(複数回答可)

終活の内容として、具体的にどのようなことを行なっているか調査をしたところ、「葬儀内容と資金」が29.5%、次に「持ち物整理」が23.2%、「介護・終末期医療の内容と資金」が19.9%、「財産の整理や相続準備」が17.4%、「お墓の準備」が6.7%、「今後のレジャーや生活費」が1.8%となった。

◆誰が亡くなることを想定して終活を行なっていますか?(複数回答可)

誰が亡くなることを想定して終活を行なっているかを調査したところ、全体の半数以上の55.8%が「自分」と回答。次に「配偶者」が31.2%、「親」9.8%、「親戚」0.7%という結果となった。残される家族のため自分の身の回りの整理を行なうとともに、自身が残される立場となった時に慌てないように、今から終活に関する情報収集や活動を進めている人が多いようだ。

【調査概要】
調査対象:首都圏3カ所(東京都小平市、千葉県千葉市、神奈川県横浜市)で開催するセミナーに参加した男女
回答人数:190名
調査期間:2016年7月~12月
調査方法:各会場でのアンケート用紙記入

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。