人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.08

ソフトバンクが『Pepper』用に新しい3つのロボアプリを提供開始

ソフトバンクロボティクスは人型ロボット「Pepper」の一般販売モデル向けの新しいロボアプリを2月8日よりアプリストアを通じて順次提供を開始する。

新アプリの開発テーマは「Pepperがあなたの生活を進化させる」。このテーマの元に、Pepperのオリジナルの動きやセリフを簡単に作成してSNSで共有できる「Pepper Maker」、脳医学博士の加藤 俊徳氏の監修で開発された脳トレロボアプリ「Pepperブレイン」、精神科医の名越 康文氏の監修で開発された、Pepperの感情認識エンジンやセンサーを活用して人の心の状態を把握してアドバイスをする「Pepperヒーリング」の3つのロボアプリが提供される。

続いて3月以降には、Pepperと連携したスマートフォンを利用してPepperを遠隔操作できる「Pepper View」と、Pepperを通じて家電を操作できる「iRemocon for Pepper」を提供。さらにコルグのバーチャルサラウンド技術を活用し、前後左右から音が聞こえるように演出することで、まるで自分がその場にいるような体験ができるコンテンツ「Pepper Imagination」と「飛び出すロボ落語」も、3月以降に提供される予定。

■詳細は動画をチェック

◎各コンテンツの概要
「Pepper Maker」
約250種類の動きや、約150種類の音や画像、約70種類のセリフなどから好きなものを組み合わせることで、Pepperのオリジナルの動きを簡単に作成できる。作成したPepperの動きは、SNSに投稿することで友達と共有したり、スマートフォンで見て楽しむことが可能。また、実際にPepperを持っていない人でも、パソコンで画面に表示されるバーチャルなPepperを見ながら作成して楽しめるだけでなく、Pepperを所有している人に作品を共有すると、Pepperでその動きを再現できる。

「Pepper ブレイン」
脳医学博士の加藤 俊徳氏の監修で開発された脳トレロボアプリ。Pepperを通じて自分の脳の強みや弱みを把握し、それに応じた脳トレを行なうことができる。毎日振り返りを行なうことで、Pepperからアドバイスをもらいながら習慣化し、脳を鍛えられるという。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。