人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.07

SIMカードを最大10枚家族で分け合えるIIJmioのパケットシェアプラン

ひとりひとりのパケット利用量にムラのある家族なら、パケットを分け合えるシェアプランがお得。もちろんMVNOでも利用できる。MVNOの場合はもともとの基本料金が安めなので、家族でシェアするとさらにお得。SIMカードの枚数も最大10枚まで対応と使いやすい。

 家族で使えるパケットシェアプランが充実。IIJmioならSIM10枚でパケットを分け合える

◎家族でシェアするとさらにお得なMVNO

 MVNOのシェアプランを利用する場合、以前は契約者の主回線しかMNPできないという問題があったが、今ではそれも解消。家族みんながこれまでと同じケータイ番号で乗り換えて、MVNOのサービスを利用できるようになった。

 MVNOはひとりで利用してもお得だが、家族でパケットを分け合えるシェアプランを利用すると、さらにそのお得度が際立つ。上の比較を見てもわかるとおり、家族4人で10GBをシェアした場合、大手キャリアでは1万7500円がかかるのに対して、MVNOでは約6000円と1/3の月額料金で済む。

 ドコモでは毎月5GBを家族で分け合える新プラン「シェアパック5」を2016年3月からスタートさせ、パケット利用量の少ない家族がよりお得に利用できるようになった。とはいえMVNOのお得度にはかなわない。

 ケータイ電話利用者の1か月間のパケット利用量は意外と少なく、1人2GBを少し超える程度と言われている。ケータイ料金が高いと悩める家族なら、MVNOでのシェアを検討してみることをおすすめしたい。

《家族でシェアするとさらにお得に利用できる!!》

●パケット利用量の少ない家族はシェアがおすすめ

MVNOのシェアプランで、SIMカードの枚数を一番多く利用できるのはIIJmioの「ファミリーシェアプラン」。10GBのパケットを、10枚のSIMカードで分け合うことができる。ただし音声通話機能付きSIMの契約は5回線まで。つまり10GBまでなら家族5人のスマホと5台のタブレットをこのプランで利用できるというわけだ。家族4人でスマホを利用した場合、通話料は別途かかるものの、月額料金が約6000円で収まる。パケット利用量の少ない家族におすすめだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。