人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.06

自転車通学時のヘルメット着用、最も根付いている県は?

自転車通学時のヘルメット着用、最も根付いている県は?

 徒歩、自転車、バス、電車……、皆さんは学校までどんな方法で通っていただろうか? 2008年(平成20年)6月の道路交通法改正によって、13歳未満の児童・幼児のヘルメット着用が保護者の努力義務化が行われたが、中学生以上の着用義務は、地域や学校などによって異なっている。不動産情報サイトのアットホームが運営する「at home VOX」が、全国の男女500名に学校までの距離や交通事情によって異なる自転車通学事情を地域別にアンケート調査を実施。まずは、中学生時代に自転車通学だった人は、どの地域に多いのかを見ていくと、

「Q.中学生のとき、自転車通学でしたか?」に「はい」と答えた人の出身地トップ5 
※数字は回答率。

151001_tsugaku_ranking_a

 1位は高知で実に70.0%と、自転車通学だった人が大半を占めた。そのほか3位に徳島、5位に香川と、四国勢が3県ランクイン。四国の中学生は自転車通学が一般的のようだ。その自転車だが、乗るときに皆さんはヘルメットを被っていただろうか? 大人になってからはほぼ被ることはないが、子どもの頃は通学や遊びに行く時に被っていた人も少なくない。そのヘルメット事情も地域で違いがあるようだ。それについても、アンケート結果で傾向を見てみると、

「Q.子どもの頃、自転車に乗るときにヘルメットを被っていましたか?」に「はい」と答えた人の出身地トップ5
※数字は回答率。

151001_tsugaku_ranking_b

 前述のとおり、2008年(平成20年)6月の道路交通法改正によって、13歳未満の児童・幼児のヘルメット着用が保護者の努力義務化が行われた。だが、中学生以上の着用義務は、地域や学校などによって異なる。1位の長野では、一部の地域で徒歩通学の場合でもヘルメット着用が義務づけられているとか。それならば、自転車でヘルメットを被る人が多いのも納得だ。

 ちなみに、自転車通学者の多かった徳島が2位にランクイン。ヘルメットを着けて自転車通学していた人が多いのは徳島出身者ということだ。徳島は「徳島自転車Tライン」を整備するなどして、「自転車王国とくしま」を目指している。身近な乗り物としてだけでなく、街おこしとしても自転車を利用しているだけあって、ヘルメット着用を中心とした安全対策もしっかりと行なっているこことがわかる。

<調査概要>
・対象/全国20~59歳の男女1410名(47都道府県各30名ずつ)
・調査方法/インターネットリサーチ
・調査時期/2015年8月

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。