人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.06

スバルがシカゴオートショーに2018年型『レガシィ』を出展

富士重工業は、アメリカ・シカゴにて開催予定の2017年シカゴオートショー(プレスデー:2月9日~10日/一般公開:2月11日~20日)において、2018年型『レガシィ』(米国仕様車)を出展すると発表した。『レガシィ』は、独自のAWDシステムや高度な安全性がもたらす走りの愉しさと、安心感を魅力とするスバルのフラッグシップセダン。同社では、今回の改良では、走行性能・安全性能といった、『レガシィ』やスバル車ならではの価値のさらなる進化を追求したとコメントしている。

まずエクステリアは、スバルアイデンティティを従来以上に強調した新造形のヘッドランプとフロントグリル、抑揚のあるフロントバンパーの採用により、フロントフェイスを刷新。水平基調を際立たせた精悍なデザインを採用した。そしてリヤバンパーは、ツートン化しディフューザーを表現することでスポーティさを、17インチタイヤ・アルミホイールは新造形としてスポーティな走りを、それぞれ訴求。さらに新造形のLEDターンランプ付ドアミラーを採用することで、空力や静粛性、他車からの視認性も高めた。

インテリアは、センターベントグリルやエアコンユニットと一体的にデザインされたフラットな大型センターパネルを採用。ディスプレイを8インチとした。そしてハイグロスブラックとシルバーフレームのパーツを随所に採用することで、質感を向上。インストルメントパネルとドアトリムにはリアルステッチを使うことで、仕立てが良く上品なイメージを演出した。フロントドアガラスには遮音中間膜ガラスを採用。立体的でスポーティなデザインの新型ステアリングホイールも要チェックだ。

シャシーやトランスミッションでは、サスペンション設定の最適化により、操縦安定性と乗り心地が向上。電動パワーステアリングの制御もより最適化され、自然で滑らかな操舵性が得られるようになった。ブレーキ特性も変更され、剛性感の高いしっかりとしたブレーキフィールを実現すると同時に、エンジンやCVT 特性の改善により、メリハリのある気持ちの良い加速感も新型ならではの個性といえるだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。