人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実用性とコスパで選ぶならライカレンズ搭載スマホ『HUAWEI Mate 9』が正解

2017.02.06

■バッテリ

このスマホは4000mAhの大容量バッテリを搭載し、2日間使えると公称している。実際に僕が使ってみると、2日間フルは持たないが、2日近くは動くようだ。普通のユーザーなら1日フルで安心して使うことができるだろう。言うまでもなくUSB-C端子搭載で急速充電に対応しており、充電時間も短いので使い勝手はいい。

充電コネクタはUSB-C。
充電コネクタはUSB-C。マイクロUSBケーブルを接続できるコンバーターが付属する。

このスマホは同じくライカレンズを搭載するP9とは大きく性格が異なる。P9の高級感、瀟洒さに対して、実用品感が強い製品だ。ただし、それはネガティブな意味ではなく、「タフに使える」という印象だ。ディスプレイも大きいので一画面に多くの情報を表示できるというメリットもある。スマホをバリバリ使いたい人には向いている製品だろう。そして、さらにライカによる強力なカメラ機能があり、それがMate 9が他のスマホと一線を画するものにしている。

Mate 9は実用的にバリバリ使えて、しかも高画質なカメラ機能を持ったスマホが欲しい人にお勧めだ。

■関連情報

「Mate 9」公式日本語サイト
http://consumer.huawei.com/minisite/jp/mate9/index.htm

文/一条真人

ITジャーナリスト。雑誌「ハッカー」編集長、「PCプラスONE」編集長などを経て現在にいたる。著書50冊以上で、近著は「はじめてのChromeBook」(インプレスR&D)。IchijoMasahto。本名:OSAMU SAKATA。

■連載/一条真人の検証日記

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。