人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.02

サイズ以上の音場感を実現したBOSEのワイヤレススピーカー『SoundTouch 300 soundbar』

BOSEの『SoundTouch 300 soundbar』は音楽や映画など音源を問わず、スリムな筐体(幅978×高さ57×奥行き108mm)から同クラス最高のパフォーマンスを発揮するサウンドバー。例えば音楽再生では、Wi-FiやBluetooth(NFC対応)を通じて、Spotifyやインターネットラジオなどの音楽ストリーミングやスマホに収められた音楽など、事実上全てのソースを手軽に再生することが可能だ。一方、映画やテレビ番組、スポーツ中継など映像音声も臨場感たっぷりに再現していく。外観も、薄型デザインに加えて、メタルのラップアラウンドグリルや天面の美しいガラス製トップなど随所にプレミアムな素材を使用。これまでのデザインの常識とは一線を画した存在になっている。

『SoundTouch 300 soundbar』は独自のPhaseGuideアレイにより、再生音を部屋の左右へ送り込んで任意の反射音を創り出す。これによって、例えばサウンドトラックの各チャンネルもボーカルも、実際にはスピーカーのない様々な場所から聴こえてくるのだ。また新開発のQuietPortテクノロジーを搭載し、いかなる音量域でも深みのあるクリーンな低音を再現し、ボリュームを上げても歪みが生じることがない。DSPも進化し、周波数帯域ごとのバランスも音の細部の粒立ちもしっかりと整えられる。

さらに、部屋の大きさや形状、内装の材質を読み取り、サウンドを自動的に最適な状態に調整するテクノロジー、ADAPTiQを搭載。どんな環境でもすぐに最高のサウンドを楽しむことができる。

セットアップも簡単。HDMI端子はAudio Return Channel(ARC)に対応しているため、接続はTVとHDMIケーブル一本でつなぐだけ。また4Kパススルーも可能で、将来対応にも安心だ。

 
『Acoustimass 300 bass module』

 
『Virtually Invisible 300 wireless surround speaker』

『SoundTouch 300 soundbar』は単体でも卓越した性能を楽しめるが、追加でウーハー(低音用スピーカー)の『Acoustimass 300 bass module』や、さらに圧倒的なフル5.1CHサラウンドを堪能できる『Virtually Invisible 300 wireless surround speaker』の増設にも対応。さらにネットワークオーディオとして使えば、家庭内に設置された他のSoundTouchスピーカーと連携して、マルチルーム・エンターテインメントシステムを構築することも可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。