人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

配偶者控除改定後も7割は「103万円以内のまま」

2017.01.29
Q8.Q7で回答した具体例を教えてください。

・出産、育児、介護。今の状態ではすべて女性に荷が重いから(企業の意識改革、働きやすい会社の雰囲気、等)
・企業による子育て世帯への支援(企業の意識改革、待機児童の解消、等)
・管理職に女性を多く起用する(企業の意識改革、等)
・国や企業が変わっても、休みの取りにくさや残業が当たり前という職場の雰囲気が変わらない(企業の意識改革、働きやすい会社の雰囲気、等)
・大企業では環境が整っていても、中小企業は追いついていない(企業の意識改革、企業の制度改革、児童の解消、等)
・働きたくても子どもを預けるところがない(企業の意識改革、待機児童の解消、等)
・男女の格差をなくすこと(企業の意識改革、待機児童の解消、等)

女性がどんどん社会進出するために何が必要か具体例を聞いてみた。意見が多く集まったのは上記のとおり。それ以外にも、「女性自身の意識改革」「男性の意識改革」なども挙げられた。配偶者控除内で働いている人、控除外で働いている人、どちらもそれぞれが不安や悩みを抱えている。特に今回の配偶者控除額の変更は「意味がない」との意見が多く寄せられた。

【調査方法】
サンプル数:女性600人(配偶者控除内で働いている主婦300人、配偶者控除外で働いている主婦300人)
年齢:20歳~60歳
調査方法:Webアンケート
調査期間:2017年1月6日~1月11日

文/編集部

 

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。