人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.29

直虎ゆかりの地でゲットしたい「直虎グッズ」

時代劇の不振が嘆かれるテレビ業界にあって、ひとり気を吐くのがNHKの大河ドラマ。先日最終回を迎えた『真田丸』は、放送終了を惜しむ「真田丸ロス」と呼ばれる社会現象を巻き起こすほどの人気ぶり。そして1月8日に放送が始まった『おんな城主 直虎』も、時代劇ファンの熱い期待を受けている。

大河ドラマの視聴者以上に盛り上がっているのが、直虎の本拠地があった現在の浜松市。浜松市役所や浜松商工会議所が音頭をとり、直虎パワーで大々的に観光客を誘致しようと様々な企画を展開している。中でも目を惹くのが、直虎にちなんだ土産品の数々。グッズやお菓子を中心としたこうした品々は、既に90点近くも開発・販売されている。

本記事では、そうした直虎関連のご当地品のなかから、@DIME読者の心をとらえる商品をピックアップして紹介したい。

●『直虎梅煎餅』(税込み1,080円)(ユアブレイン)

直虎梅煎餅

土産物企画開発のユアブレインは、『勝ち組 出世組小判』煎餅シリーズの新作として、『直虎梅煎餅』を昨年暮れに発売している。梅肉を生地に練り込み、桜の葉と海老のフレーバーをくわえたデリケートな味覚を味わえる一品。梅を素材に選んだのは、直虎の菩提寺である龍潭寺の境内に咲く枝垂れ梅から。また、梅は戦国時代には陣中食として重宝され、三毒を絶ち、その日の難を逃れるとも。そんな梅がもつ吉兆にあやかる思いから開発された。取り扱い店は、浜松市内の主要ホテル売店やSA、田空直虎SHOPなど。

●『直虎 遠州錯乱 戦弁当』(税込み1,080円)(竹泉)

直虎 遠州錯乱 戦弁当

浜松商工会議所の『家康・直虎新商品開発プロジェクト』認定で、天竜二俣駅、気賀駅(天竜浜名湖鉄道)にて土・日・祝日のみ限定発売されている駅弁(団体観光客向けに、市内の観光施設やPA・SAにも配達可能)。浜松の名物をふんだんに使用した弁当で、玉子焼には直虎の印が入っていたりと、小粋な演出がされている。

●『井伊直虎 おとめ桜』(税込み994円)(グーこぎく)

井伊直虎 おとめ桜

桜の葉がほんのり香る、桜葉餡の入ったミルク饅頭。桜の花言葉は「優美な女性」、「精神の美」で、美しくも逞しく生きた直虎のイメージにぴったり。写真の6個入り箱詰めのほかに、3個入り袋詰め(税込み518円)もある。市内5店舗の直営店のほかに、通販でも取り扱っている。

●『出家魂 茶乃玉くっきー』(菓子工房どりあん)(税込み399円)

出家魂 茶乃玉くっきー

「出家してまで井伊家を守った直虎の魂」を感じさせることをコンセプトに、地元産の茶葉を細かく刻んで練り込み、表面に玄米フレークをまぶした和風クッキー。静岡県内の主要土産店やスーパーなどで販売されるほか、直販も行っている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。