みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >災厄を祓い清め1年の幸福祈願に行こ…

災厄を祓い清め1年の幸福祈願に行こう!お祭り気分も楽しめる「節分会」(2017.01.28)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の新年は寝正月で過ごしてしまい、初詣も行かずじまいだった人も多いはず。だが、福を呼ぶチャンスは、まだ残っている。きたる2月3日は節分の日。各地の寺社では、災厄を祓い清め、本年の幸福を祈願する節分会が行われる。特に関東地方の大きなお寺だと、旬の力士や俳優を招聘して豆まきを行う、ちょっとしたお祭り気分を味わえる節分会を開催するところがあり、おめでたさは満点。今回の記事では、そうした節分会が行われる所を5つピックアップして紹介する。

●成田山新勝寺

毎年約6万人が訪れ、大豆と落花生あわせて1トンを超える豆まきが行われる、日本最大規模の節分会があるのが成田山新勝寺。2016年の節分会では、NHK大河ドラマ『真田丸』の真田昌幸役の草刈正雄や白鵬関が豆をまいたが、今年は引き続き白鵬関ら大相撲力士にくわえ、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の出演者も登場する予定。

新勝寺の節分会は、「特別追儺豆まき式」と「開運豆まき」に分かれているのが特徴。「特別追儺豆まき式」の方は、大本堂正面の特設舞台にて行われ、11時、13時30分、16時の3回に分け、豆と福御守が大勢の参拝者に向け盛大にまかれる。一方、「開運豆まき」は事前に参加予約が必要で有料(1万円)となる。こちらは、大本堂内で行われ、まずは御護摩祈願で願望の成就を祈り、そのあとで支給される追儺羽織を着て参加者自身が豆をまくというもの。参加者には、御札、剣守、福豆入りの5合升セットが授与される。「開運豆まき」も1日3回に分かれ(9時30分、12時30分、15時)、各回の定員は100人なので、早めに参加予約しておきたい。

成田山新勝寺

●浅草寺

例年、浅草寺幼稚園の園児による豆まきや、七福神が舞う「福聚の舞」の奉演といった、にぎやかな行事が話題を呼ぶ浅草寺の節分会。今年は、11時30分と13時30分の2回に分けて、年男による豆まきが行われる。また、通常は16時頃から「浅草観音文化芸能人節分会」が始まり、何十人もの浅草に縁の深い芸能人が舞台から豆をまき、大いに盛り上がる。

浅草寺

●増上寺

増上寺の節分会は「節分追儺式」と呼ばれ、例年5千人規模の参拝者を迎える。例年、著名なゲストが壇上から豆をまくが、2016年は中村玉緒や安藤美姫のほかに、映画『バットマン VS スーパーマン』の宣伝を兼ねて、バットマンとスーパーマンに扮した外国人2人も登場し、参拝者でひしめく会場は沸いた。

また、今年年男・年女を迎える男女を対象として、150名限定(要予約)で、練行列に参列し、厄除祈願の後、舞台の上からの豆まきができる。冥加料は2万円で、これには祈願札、福升、赤飯が含まれる。

増上寺

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。