人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.28

リビングに音が溢れる!?テーブルそのものがスピーカーになる『SOUND TABLE』

シンガポールに本社を置くKAMARQ HOLDINGSでは、“テーブルそのものがスピーカー“となる「SOUND TABLE」を同社サイトにて発売を開始した。同社は「あなたの世界を広くする」をタグラインに、「家具×IT」により、これまでにないコンセプトのプロダクトを生み出すIoT家具ベンチャーだ。

2016年3月末にクラウドファンディングサービス「Makuake」にて、予約販売し2日で目標額を達成し、一躍話題となった『SOUND TABLE』。スマートフォンから自分の好きな音楽を指定した時間に流したり、専用のアプリを通じて、外の天気に応じた環境音を奏でたりすることができる。

『SOUND TABLE』は単なる音が鳴るテーブルではない。 テーブルにスピーカーの開口部はなく、振動で音を出す技術により天板全体から音を奏でるシステムを採用している。また、テーブル天板の側面には電源とUSB端子を装備。 携帯の充電や、調理器具を使う場合の電源としても使うことが可能だ。

 
『MODERN DELTA』

家具と音を融合させることで、生活の中に自然に音があふれるライフスタイルが実現できる「SOUND TABLE」。今回発売されるのは、ダイニングテーブル『MODERN DELTA』『MODERN AIR』各3色と、『SOUND TABLE』の意匠性と機能性を最も小さく集約したベッドサイドテーブルの『CUBE』各5色となっている。

 
『MODERN AIR』

「SOUND TABLE」アプリは、iOS版を先行配信した後、Android版もリリース予定。その後も、新しい機能や音源などを追加することで、新しい使い方が広がっていく。ちなみにBluetoothによる音楽再生はもちろん可能なため、Androidユーザーはアプリリリース前でも音楽再生は楽しめる。

『MODERN DELTA』のサイズはMが幅1500×奥行き700×高さ700mm。Lが幅1800×奥行き800×高さ700mm。XLは幅2200×奥行き900×高さ700mm。カラーはBi-Color、Ash Grey、Natural。価格は9万8000円~18万円(税別)。
『MODERN AIR』のサイズはMが幅1300×奥行き700×高さ700mm。Lが幅1600×奥行き800×高さ700mm。XLが幅2200×奥行き900×高さ700mm。カラーはMocha Brown、Dark Brown、Natural。価格は9万6000円~17万2000円(税別)。
『CUBE』のサイズは幅450×奥行き450×高さ480mm。カラーはNatural、Mocha Brown、Ash Grey、Dark Brown、Bi-Color。価格は5万4000円~6万4000円。

 
『CUBE』


製品情報

https://kamarq.jp/products/modeandelat_diningtable.html

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。