人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.29

LINEの利用率60%超でYouTubeに迫る勢い、Instagramの認知率も9割超に

ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」は、全国の15歳から69歳の男女1100名を対象に『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』を、2012年7月から毎月1回実施している。今回、2016年1月から12月までの1年間の調査データを改めて分析。『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2016年度総集編』として発表した。

2016年は、「テレビ」から「スマートフォン」へメディア接触がシフトした年だった。特に若年層だけでなく、10代から50代という幅広い年代で「テレビ」利用時間の減少した。また、10代と20代では「テレビ」に代わり、「スマートフォン」の利用時間が最も長くなった。SNSでは、「LINE」が利用率を47.3%(1月度)から61.9%(12月度)と大きく伸ばした。2016年6月に運用型広告である「LINE Ads Platform」の提供を開始し、7月には東証1部に上場し話題になったが、引き続き2017年もその動向に注目が集まりそうだ。

■スマートフォンからのインターネット接続が7割を超え、ノートPCを上回る
2016年1月度調査において、プライベートでインターネットに接続する機器として最も利用率が高かったのは「ノートPC」(63.4%)で、次いで「スマートフォン」(59.1%)だった。2016年1年間の推移を見ると、「スマートフォン」の利用率が増加していったのに対し、「ノートPC」はゆるやかに減少し、12月度調査では「スマートフォン」(72.0%)が、「ノートPC」(57.8%)を大きく上回った。

■パソコン用OSとして「Windows10」の利用率が約半数に。「Windows7」を超え、1位に
2016年1月度調査において、パソコンで利用するOSは「Windows7」(50.8%)が1位だったが、その後、利用率が減少し、12月度調査では33.3%になった。一方、「Windows10」は1月度の24.6%から急激に利用率が増加し、12月度の調査では49.9%と、「Windows7」を超え、利用率が最も高いOSとなった。

■Windowsでの利用ブラウザは、「Chrome」が「Internet Explorer11」に代わり、逆転首位
Windowsで利用されているブラウザとして、1月度調査では「Internet Explorer11」(36.0%)が1位、「Google Chrome」(32.1%)が2位だったが、12月度調査では「Internet Explorer11」(32.7%)が2位に陥落し、「Google Chrome」(38.3%)が1位になった。また、Windows10の標準ブラウザである「Microsoft Edge」は1月度調査の6.7%から12月度調査の15.5%に利用率を伸ばした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。