人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.29

デルが世界初のVR対応ゲーミングノートPCほか新モデルを発表

デルはプレミアムノートパソコン「XPSシリーズ」の新製品となる世界最小の13インチ2-in-1ノートパソコン『New XPS 13 2-in-1』や世界最小の15インチノートパソコン『New XPS 15』を発表。ゲーミングノートパソコンを含め、多彩なコンシューマー向けパソコンの発売を一部を除いて開始した。

世界最小1の13インチ 2-in-1ノートパソコン
『New XPS 13 2-in-1』

革新的なInfinityEdgeディスプレイを初めて搭載した2-in-1ノートパソコンは、わずか5.2mmのベゼル幅(上部、左右)により、11インチクラスの大きさの筐体で13.3インチのディスプレイサイズを実現した。削り出しアルミニウムやカーボンファイバーなどのプレミアム素材を用いたスタイリッシュな外観に加え、液晶部が360度可動するコンバーチブルパソコンとして動画鑑賞やネットサーフィン、編集作業などあらゆるシーンに合わせて4つのモード(ノートブック、タブレット、スタンド、テント)で使用することが可能。さらに高解像度ディスプレイや第7 世代 インテル Core i5/i7 プロセッサーにより、低電力で更なるパフォーマンスと応答性を実現している。本体サイズは幅304×奥行き199×高さ8〜13.7mm、1.24kg。価格は15万9980円~(税別、配送料込)。

世界最小の15 インチノートパソコン
『New XPS 15』


プレミアムノートパソコン「XPS シリーズ」の『New XPS15』は世界最小の15 インチノートパソコン。4K ウルトラ HD解像度(通常のHDの7 倍のピクセル数)や、Adobe RGBカバー率100%に対応したディスプレイによる優れた視聴体験をもたらししてくれる。また、第7世代 インテル Core プロセッサー、NVIDIA Pascal アーキテクチャによるNVIDIA GeForce GTX 1050 グラフィックス搭載により、XPS シリーズ最高のパフォーマンスを発揮する。販売開始日は2月上旬を予定。本体サイズは幅357×奥行き235×高さ11〜17mm、1.82kg~(56WHrバッテリー+ ノンタッチ構成)、1.99kg~ (97WHrバッテリー+ タッチ構成)。価格は17万9980 円~(税別、配送料込)。

世界初の13 インチVR 対応ゲーミングノートパソコン
『New ALIENWARE 13』


『New ALIENWARE 13 』は世界初となる13 インチのVR対応ゲーミングノートパソコン。ハイパフォーマンスモデルを求めるゲーミングユーザーに最適なモデルといえる。より薄い筐体に、初となる第7世代 インテル クアッドコア H クラスプロセッサーやWindows Hello とトビーEyeXLite ソフトウェアテクノロジ対応の赤外線カメラを搭載.。新たなPC ゲーミング体空間を創造してくれる。本体サイズは幅330×奥行き269×高さ24mm、約2.6kg。価格は13万9980 円~(税別、配送料込)。

このほかに、標準的な機能をスマートなボディに搭載しながら、使いやすさを優れたコストパフォーマンスで提供するノートPC『New Inspiron 14 3000』(4万2980円~)、コンパクトな筐体のミニタワー型デスクトップパソコン『New Inspiron デスクトップ』(7万6980円~)、購入してすぐにゲームが楽しめる価格重視のゲーミングユーザー向けの『New Inspiron 15 ゲーミング』(10万9980円~)、最新世代のNVIDA GeForce GTXグラフィックスカードを搭載したたミッドタワー型の『New ALIENWARE Aurora』(12万9980円~、2月上旬発売予定)、『ALIENWARE 17 / 15』に第7世代 インテル Core プロセッサーを搭載した『New ALIENWARE 17 / 15』(16万9980円~、17万9980円~)などがラインアップされている。

関連情報

http://www.dell.co.jp/

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。