人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

価格が下がっても品質はそのまま!テクニクスの最新アナログターンテーブル『SL-1200GR』

2017.01.29

■テクニクスのHi-Fiオーディオにも新製品が登場

 テクニクスブースの出展内容も紹介していこう。

 まず、アナログ・ターンテーブルのSL-1200G関連では、テクニクスがアビーロード・スタジオのリファレンスとして導入されている事が、インタビューと共に紹介されている。

「SL-1200Gを欧州に紹介する際に音楽スタジオへ足を運んだのですが、スタジオにはカッティングしたレコードの音を確認するリファレンスとしてSL-1200が置かれているんですよね。そこにSL-1200Gを持って行ってエンジニアの人に実際の音を聴いてもらうと、『この音はいい音だ』と。それで、SL-1200を導入しているスタジオにSL-1200Gを使ってもらうための取り組みを始めているんです」(井谷氏)

 まさに音楽制作の現場も新生テクニクスへの置き換えが進んでいるのだ。

「CES 2017」のテクニクスブース
「CES 2017」のテクニクスブース

アビーロード・スタジオとの協業も紹介
アビーロード・スタジオとの協業も紹介

 テクニクスのHi-Fiオーディオ2製品も発表されたのでご紹介仕様。

 まずはプリメインアンプの「SU-G700」だ。米国での販売価格は約2500ドルで、テクニクスのGRANDシリーズというミドルレンジの純粋なアンプとして、オーディオファンをターゲットにした製品だ。

 もう一つはスピーカーシステムの「SB-G90」で、テクニクスの3ウェイ4スピーカー、フロアスタンディングタイプのHi-Fiスピーカーとなる。サブバッフルで振動を抑制する構造で、米国ではペアで5000ドルクラスのレンジで発売される。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。