人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.25

なぜ最近、リュック男子が増えているのか?

 アラサー世代を中心に、ビジネスマンにもリュック愛用者が増えている。その背景には、重いノートPCの携帯や自転車通勤、そしてリュックそのものの進化があった!

 街中でリュックを見かける頻度が増えた。きっかけは〝リュック女子〟の登場。彼女たちが支持する赤いキツネマークのカンケンバッグが街を席巻。ちなみにこれはスウェーデン王室御用達の「フェールラーベン」の製品だ。同時期に「シャネル」などのハイブランドも新作にリュックを発表し、話題に。

 そして今年、ビジネスマンの間でリュックが大ブームだ。背景には自転車通勤(ジテツウ)や、ノートPCの持ち歩きが増えたことがある。そのニーズに応えるように、高い防水性とクッション性を備えたリュックが登場。いずれもバッグとしてはもちろん、PCのギア的な感覚で使えるシンプルなデザインのものが売れている。そんな製品を多数扱う『渋谷ロフト』は売り上げを伸ばし、前年比超えの成長を続ける。「ビジネスシーンに使えるスクエアフォルムのリュックが好調です」(広報・岩坂優さん)。何よりリュックは両手が空くのがいい。バッグ→リュックにすれば、傘を差す梅雨も快適に過ごせるはず。

【渋谷ロフトのリュック売り上げ 前年比約130%】
※渋谷ロフト販売データ

【東京都内の二輪車通勤人口 約1万3000人】
※『国勢調査』(平成22年)の「通勤・通学手段」を参照

【丸の内交差点で1時間チェックしたバッグ:リュック比 6:4】

《No.1》「インケース」1万5500円

「インケース」1万5500円
Apple社の製品を持ち運ぶために開発された。『シティー コンパクトバック パック』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。