人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.21

通販化粧品の年間購入額全国1位は2万3281円で○○県

公益社団法人 日本通信販売協会は、全国47都道府県ごとの、通販利用の実態を把握することを目的に、直近1年で通販を利用したことがある20代から60代の男女計1万人を対象にしたインターネット調査を実施。今回は化粧品やファッション関係、健康食品、サプリなどの購入に関するもので、この調査結果から県民性研究の第一人者である矢野新一氏に、通販利用状況を県民性の観点から分析してもらった。

■女性による通販での化粧品購入額が高い「通販で美人県」1位は徳島。47位は「秋田美人」の秋田

スキンケア関連化粧品とメイクアップ関連化粧品それぞれのカテゴリーにおいて、「この1年間に通販で購入した化粧品の金額はいくらぐらいですか。」と聞いたところ、女性による化粧品の通販での年間購入額は、両カテゴリー合計で、徳島が1位で2万3281円となり、「通販で美人県」といえそうだ。一方、最も購入額が低かった県は、「秋田美人」で名高い秋田で、1万1739円だった。

カテゴリー別に見ると、女性によるスキンケア関連化粧品の年間購入額は、徳島が1位で1万8438円。メイクアップ関連化粧品では、1位は奈良で8333円という結果だった。山梨、千葉はどちらも上位にランクインし、美容への意識が高い県であることがわかる。秋田は、スキンケア関連化粧品は最下位の47位、メイクアップ関連化粧品は38位という下位の結果となった。

《矢野新一先生による「通販にみる県民性分析」コメント》
化粧品の1位は徳島で、こちらはスキンケア化粧品部門でも1位。少女時代から阿波踊りで口紅をつけていただけに、お化粧に対する意識が高い。さらに隣の香川県と同様に雨が少なく、晴れの日が多い県であるため、肌へのダメージを実感して、お手入れに励み、スキンケアを怠らない人が多いからかもしれません。そして、徳島は阿波商人の文化で、昔からお買い物上手が多いことから、賢く買い物をするために、通販を利用するのかもしれません。メイクアップ化粧品部門1位の奈良は、商業の街・大阪のベッドタウンとして発展してきたことから、奈良の女性は流行に敏感でショッピングも大好き。ただし、しっかり者が多く価格にはシビアだから、通販をうまく利用しているのでしょう。一方、最も購入額が低いのは「秋田美人」で知られる秋田。日照時間が短く、紫外線が少ないため、肌がきれいな人が多く、お化粧に頼らず、すっぴんで勝負している女性が多いと考えられます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。