人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

小中高生の半数以上が「親よりランクの高い学校に行きたい」

2017.01.21
小中高生の半数以上が「親よりランクの高い学校に行きたい」

小中高生に対し、親よりランクの高い学校に行きたいと思うかとの問では、「思う」計が54.7%(「思う」(39.4%)、「どちらかと言えば思う」(15.3%))と、小中高生の半数以上は親より高い学歴を望んでいる傾向が見られる。しかし、学校種別に見てみると、「思う」計が小学生は69.8%、中学生は53.7%、高校生は43.4%で、年齢が上がるほど割合は減っており、高校生では約4割となっている。これは親と比較するのではなく、自分の夢を叶えるための学校選びをしようという気持ちが強いのかもしれない。また、性別でみると、「思う」計は、男子は58.0%、女子は50.2%で、男子のほうが親を意識する傾向にあるようだ。

■小中高生が勉強しやすいのは「紙教材」より「デジタル教材」

小中高生に対し、「紙教材」と「デジタル教材」では、どちらが勉強しやすいと思うか質問したところ、「デジタル教材」が58.6%という結果となった。2015年発表時点では「デジタル教材」(48.6%)、「紙教材」(49.3%)で「紙教材」のほうが若干好まれていたが、2016年発表時点では「デジタル教材」(59.6%)、「紙教材」(40.4%)と、「デジタル教材」を好む層が拡大し、2017年もほぼ横ばいでデジタル教材が紙教材を上回る結果となった。

2017年

2016年

2015年

■小中高生が勉強を教えてほしい芸能人、3年連続「櫻井翔」さんがトップ

小中高生に勉強を教えてほしい芸能人を聞いたところ、トップ3は「櫻井翔」さん、「カズレーザー」さん、「中田敦彦」さん、という結果になった。トップの櫻井翔さんは2015年、2016年発表の同調査に続いて、今回3度目の1位獲得となった。櫻井さんはアイドルでありながら報道キャスターも務めており、面白さと知的さが兼ね備わっていることから、小中高生の支持を得ているのではと考えられる。加えて、カズレーザーさんは個性的な芸風、中田敦彦さんは音楽グループとしても話題になったが、それに加え高学歴といったように、トップ3は各自ギャップを持っていることが選ばれた要因ではないかと思われる。

【調査概要】
調査方法:クラウド型学習システム「すらら」のログイン画面にて回答を得た
調査対象:小学1年生から高校3年生までの男女
調査期間:2016年11月25日~2016年12月16日
有効回答数:720名<男子:58.2%・女子:41.8%、小学生:13.3%・中学生:76.1%・高校生:10.6%>

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。