人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3万6800円のお手並み拝見!上海問屋の10.1インチ液晶ペンタブレット『DN-914602』

2017.01.21

3万6800円の液タブで本気のイラストを描き込んだ!上海問屋『10.1インチ液晶ペンタブレットDN-914602』
しゃけ絵師の調子が出て来たので、ペンを細くして線画中心に描いた。

3万6800円の液タブで本気のイラストを描き込んだ!上海問屋『10.1インチ液晶ペンタブレットDN-914602』
Photoshopのブラシツールをスタンプ風に使って華やかな感じに完成。

3万6800円の液タブで本気のイラストを描き込んだ!上海問屋『10.1インチ液晶ペンタブレットDN-914602』
せっかくなので私も『Mac mini』に液タブを接続してマーカーっぽく描いてみた。

【ゴン川野の結論】

『10.1インチ液晶ペンタブレットDN-914602』を使った2人の感想は、お絵描き楽しい〜 であった。しゃけさんはタブレットでコミックを描いた経験があり、それに比較して液タブで、液晶画面を見ながら描けるのはすごく快適で、もっといろいろ描きたくなったそうだ。結局5時間ぐらいお絵描きしていたことになる。私は事前に高級なWacomのタブレットも使ってみたのだが、素人レベルであれば、その違いは全く分からない。長年のWacomユーザーなら書き味の違いを指摘するかもしれないが、それは絵を描く本質的な所ではなく、筆の違いのような差異である。今回の製品は安かろう悪かろうが全く当てはまらず、これならプロでも使えるのではないかと思わせる完成度の高さ。特にノートPCとの相性がいいと思った。『Mac mini』ではミラーリング機能を使い、タブレット側に解像度に合わせる必要がある。このため高解像度モニターを使っていると、解像度変更後元に戻すとデスクトップの常駐アプリの配置がグチャグチャになるという現象がおこった。ペンタブレットに挫折した人、これからPCでお絵描きに挑戦した人にオススメ。筆圧感知機能は液タブではなく、お絵描きソフト側が対応している必要があるので、それだけは注意しよう。ちなみにWindowsの「ペイント」なら油彩ブラシと水彩ブラシが筆圧に対応している。

(文/ゴン川野)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。