人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.21

ホンダがCB1100シリーズに軽快感のあるスポーティーな乗り味を実現した『CB1100 RS』を追加

Hondaは空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載した定番の大型ロードスポーツモデル、〝CB1100シリーズ〟に17インチホイールを採用するなど、より軽快感のあるスポーティーな乗り味を実現した『CB1100 RS』を新たに追加。また『CB1100』と『CB1100 EX』においても各部の熟成と深化を図り、同時発売した。価格は税込みで『CB1100 EX<TypeI>』『CB1100 EX<TypeII>』が133万8120円、『CB1100 RS』 が137万8080円、『CB1100』が115万2360円、『CB1100 E Package』が122万400円。

 
『CB1100 RS』

〝CB1100シリーズ〟は「“鷹揚(おうよう)”ゆったり乗る・見せる・魅せられる」をコンセプトに、穏やかな出力特性の空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載し、二輪車本来の普遍性を感じるデザインを追求して開発。2010年3月の発売以来、高い質感と扱いやすい乗り味でライダーの価値観や、所有欲を満たす伝統的なネイキッドスタイルの大型ロードスポーツモデルとして熟成・深化してきた。

 
『CB1100 EX<TypeI>』

今回の〝CB1100シリーズ〟はシンプルでエモーショナルな佇まいと新たな走りの方向性を拡げることをねらいに、初代からの開発コンセプトを継承しつつ、『CB1100 EX』は所有する喜びをさらに深め、細部に至る仕上げと質感を追求し伝統的なスタイルの追求を図るとともに、従来モデルより5kgの軽量化を実現させた。『CB1100 RS』はスポーティーな走りを実現する17インチホイールの足回りを採用し、車体ディメンションや足回り主要部品を変更するとともに、『CB1100 EX』よりもさらに3kgの軽量化を達成。応答性の高い軽快なハンドリングを可能にしている。『CB1100』は従来からの端正なデザインを継続しながら、〝CB1100シリーズ〟共通の新設計マフラーとエアクリーナーを装着。空冷直列4気筒エンジンの魅力をより感じられるはずだ。

 
CB1100 EX

『CB1100 EX<TypeI>』は全長2200×全幅830×全高1130mm、255kg。『CB1100 EX<TypeII>』は全長2200×全幅800×全高1110mm、252kg。『CB1100 RS』は全長2180×全幅800×全高1100mm、252kg。『CB1100』は全長2205×全幅835×全高1130mm、252kg。『CB1100 E Package』は『CB1100』は全長2205×全幅835×全高1130mm、253kg。以下、共通スペックとしてエンジンは1140cc SC65E・空冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒。最高出力(kW[PS]/rpm)は66[90]/7500。最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)は91[9.3]/5500。

関連情報

http://www.honda.co.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。