人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.20

使った人だけが実感できる「専用ケース」の魅力とは

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

世の中を眺めていると、「なぜこんなものに専用ケースがあるのだろう?」と思う製品を見かけることがある。だが、専用ケースは収納するモノに合わせて作られているだけあって、サイズ感がぴったりな点はもちろんのこと、収納するモノの魅力を増す見せ方にも長けているものが多い。あなたが自分の持ち物にこだわりを持っている人なら、それを収納すするケースにまでこだわりを持ってみるのはいかがだろうか。もちろん、持ち物にこだわりを持っている人へのギフトとすれば、自分のことをよく判ってくれている、と喜ばれるに違いない。

■そばにいてもらうモノだからこそ気を遣いたい『Ohukuro』

Ohukuro Ohukuro

年初に初詣を済ませ、お守りを頂いた人も多いかもしれない。ご加護を受けるためには終始身につけておくことが習わしのお守りであるが、そうなると日常生活の中でダメージを負ったり汚れてしまうリスクがない訳ではない。そこで役に立つのがこの『Ohukuro』。お守り専用カバーとして大事なお守りをそうしたダメージや汚れから守ってくれる。お守り全体を覆う使い方と、一部を覗かせる使い方が選べるので、お守り自体のデザインが気に入っていている人は後者の使い方を選ぶと良いだろう。「Ohukuro(=お袋=母親)」のネーミングも洒落ている。カラーラインナップはブラウン、ダークブラウン、レッド、ピンク、グリーンの5種類。価格は税抜2,400円。「equalto」から購入することが可能だ。

■食べたくなったらすぐにでも食パンを食べたい人に『Fitto』

Fitto Fitto

『Fitto』は食パン専用のケースである。6面のうち正面だけがオープンになっているので、正面から食パンを袋ごと収納する仕組み。特徴的なのはケースの天板部分にスリットが入っている点。収納する際、パンの袋をクルクルと回して捻ったら、捻れた部分をこのスリットに通しながら食パンを収納することで、クリップなしでも同じ機能を果たしてくれるという訳だ。食パンのあのクリップ、つけたり外したりが地味に面倒くさかったりする。食パンを日常的に食べる人はこうした専用ケースがあるとそのメリットを享受しそうな気がする。ラインナップはアユースとウォールナットの2種類で価格は各々税抜4,500円と6,500円。こちらも「equalto」から購入することが可能だ。余談であるが、私は関東の人間なので「食パン」と言ってきたが、北海道はでは「食パン」とは言わず「角(かく)パン」と言うのだそうである。もちろん角パンであっても問題なく収納できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。