人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホ業界のトレンド大予測「スマホの値段は上がるか?下がるか?」

2017.01.23

法林氏:僕個人としては、「端末購入サポートで1年間使ってください、違約金はこれだけです」というやり方は元に戻る形だし、あれだけモバイルビジネス研究会で否定していた内容なので、違和感を覚えます。それと、販売奨励金を分割払いする形の月々の割引は、ある意味理にかなっていた気がする。本質的にダメだったことは、店頭の価格表示を「実質◯円」と表していること。あれをやめさせないといけない。本来の価格表示があって、「2年間使ったら、○○円になります」という実質価格を併記する形が大事だったのに、実質価格だけが残ることになってしまった。これじゃダメですね。

石川氏:総務省は先を読めていないですね。

法林氏:分かってないよね。通信料金を下げることがテーマなのに、下がっていないからね。

石川氏:キャリアは下げないですよ。あんなに基地局を建てて社員も大勢いるんだから。

石野氏:強いていうと、長期割引のために何百億円か投入しています。端末をコロコロ買い換えてキャッシュバックをもらいまくっていた人は一部なので、それを均等にして全ユーザーに配ったら、1人あたり数百円という割引にしかならない、というのが結論なのかな。

石川氏:auを16年以上契約していると、au STARで10%のポイントバックということは、20GBプランを組んでいると、月600円分ポイントが返ってくる。12カ月で7200円分、2年間で1万5000円弱の割引になる。

房野氏:2017年も、端末やサービスの値段は変わらないということでしょうか。

法林氏:月々の料金を下げる方法はあるんですよ。でもそれをすると、今度はMVNOがやっていけなくなる。

 たとえば、主要キャリアが、10Mbpsしか出ないプランとか、昼間はスピード出ないプランとか、夜の一定時間はスピードが出ないプランとか、そういうネットワークの都合に合わせたベストエフォートなプランを作って値段を下げることは可能だと思います。でも、それが仮に3GBで580円のプランだとしたら、MVNOが困っちゃうし、総務省からもきっと怒られる。

石川氏:それを聞いていたらドコモの「ドニーチョ」(土日祝日と平日の夜間のみに利用を限定したプラン。1999年12月30日に新規受付を終了した)を思い出しました。昔も、ネットワークの都合で土日と夜は安いというプランがあったけれど、そんなにニーズがなかった。携帯電話を制限されると人間はつらいと感じる。

法林氏:容量制限はつらいけど、速度は気が付かないんじゃない? 楽天モバイルの「ベーシックプラン」は通信速度が下り200Kbpsで、そこまでくると遅いと思うけど、1Mbpsから5Mbpsくらいで580円のプランだったらアリな気がする。昼間は家でWi-Fi、オフィスもWi-Fi、外出したときにちょっと使えればいい、だったら十分。

石川氏:そうしたら、みんなそっちに行っちゃいますよ。ドコモが2017年は500Mbps超だといっているのが、何なんだってことになる。

法林氏:でも、それも大事なことで、みんなが本当にスピードを求めているかということは考えなくてはいけない。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。