人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

MotoGPの経営学「勝てないチームがスポンサーを獲得できる理由」

2017.01.22

MotoGPの経営学「勝てないチームがスポンサーを獲得できる」のはなぜ?
(写真出典:http://teamtech3.fr

 莫大な資金が必要なモータースポーツは、長きにわたってタバコブランドをスポンサーとすることで成立してきた。しかし、世界各国で徐々にタバコの広告が規制され、2000年代に入るとそれが一気に加速した。

 大口スポンサーを失うという恐怖と、「個人チーム」であるプライベーターチームはどう戦ったのか──。

 南フランスに本拠地を置くMotoGPプライベーターチーム「テック3」は、2000年までは下位カテゴリーである250ccクラスで戦っていた。2001年、フランスの大手タバコブランド・ゴロワーズのサポートを受け、ヤマハのマシンとともに最高峰クラスにステップアップ。タバコブランドは大切な「資金源」だった。しかし、モータースポーツとタバコの蜜月は、徐々に、そして確実に終焉へと向かっていた。

 テック3も、2004年にはフォルトゥナ(スペインのタバコブランド)とゴロワーズの両ブランドから、そして2005年にはフォルトゥナ単体からのサポートを受けていたが、2006年にはこれを失ってしまう。結果、2006〜2008年の3年間はメインスポンサー不在という厳しい台所事情での参戦となった。

MotoGPの経営学「勝てないチームがスポンサーを獲得できる」のはなぜ?
(写真出典:Gauloises Racing)

 事態が好転したのは、2009年だ。アメリカの栄養ドリンクブランド、モンスターエナジーのサポートを取り付けることに成功したのだ。モンスター・エナジーのスポンサーシップは、7年を経た現在も継続中である。

MotoGPの経営学「勝てないチームがスポンサーを獲得できる」のはなぜ?

 テック3のチームオーナー、エルベ・ポンシャラルに、あまり語られることのないプライベーターチームのスポンサー活動について聞いた。そこには、情熱に根ざした丹念さと、人と人との間に織りなされる誠実さを大切にするという、ビジネスの定石ともいえる取り組みがあった。

MotoGPの経営学「勝てないチームがスポンサーを獲得できる」のはなぜ?
(写真出典:http://motogp.com

──苦境の果てに大きなスポンサーを得られた理由は何でしょうか? 決して幸運だけではないと思うのですが。

 特別なレシピはないんだよ。2000年代後半から、MotoGPは非常に強力なコンテンツになった。エキサイティングなレースが展開しているし、そのおかげでビジネス的にも非常にいい状況といえる。MotoGPの開催国は今は18ヵ国だけど、将来的には20ヵ国になるという話もあるほどなんだよ。MotoGPはスペインのドルナ社がプロモーション全般を司っているけど、彼らは非常に素晴らしい仕事をしているんだ。

 だから、MotoGPチームとしてスポンサーに話を持ちかけると、ほとんどの場合、まず興味を示してくれる。MotopGPはとても人気が高いスポーツだからね。そしてモンスターエナジーのメインカスタマーは若年層だ。彼らはエキサイトメントとチャレンジを好む。だからMotoGPは、モンスターエナジーがブランド訴求するのにとても効果的なステージなんだよ。

 そういえば私と組む前、2006年までモンスターエナジーはカワサキと組んでいたんだ。緑と黒のカラーは、確かにカワサキにマッチするよね(笑)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。