人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

韓国でブームのビジネスウエア「戦闘用の正装」とは

2017.01.19

 最近、韓国のWebコミュニティサイトでは「戦闘用の正装」への問い合わせや、オススメをたずねる声が多くなっている。戦闘用? もちろん、戦闘そのものを意味するわけではない。着崩れる心配がなく、気楽に着られる、それでいて手頃なスーツという意味だ。

■ビジネスマンのジレンマ

 社会人生活を始めたばかりの20代、30代のビジネスマンにとって、ビジネスウエアを着こなすことは難しく、悩みのひとつだ。いくら服装は自由だといっても、どんな服を着てもいいわけじゃない。カジュアル過ぎればTPOに合わないなんてことも。また、特別な日のために大切にしている高級なスーツを毎日着るなんて、さらに難しい。毎日着ることだけが問題ではなく、通勤や外出時、飲み会などで服が着崩れる危険にさらされるためだ。

韓国でブーム「戦闘用の正装」って何?

 その点は韓国も日本も同じ。そして韓国で最近流行っているのは、格式は正統でいて、いつどこでも気楽に着られる実用的なスーツだ。そしてこのスーツに付けられたあだ名がいわゆる「戦闘用の正装」(전투정장・ジョンツジョンジャン)である。

 人気のある「戦闘用の正装」になるためには、必須要件がある。

 まず、毎日長い時間着なければならないので着心地の良さが重要である。手足の動きが楽になるように伸縮性も求められる。当然、毎日のように着るから、簡単なケアも重要。通常、「戦闘用の正装」は毛とポリエステルの混紡素材であるため、頻繁な洗濯にも変形の心配が少なくて、しわも出にくい。

韓国でブーム「戦闘用の正装」って何?
(C) http://www.vostro.kr

 次に重要なのはスタイル。韓国で最近人気なのは、スリムフィットでツーボタンのスタイル。これがマストになっていて、色は伝統的なネイビーやチャコールグレーが人気だ。

 実用性を重視するにしても、決してスタイルを犠牲にしてはならない。最後に価格だ。何よりも10万ウォン~20万ウォン台前半(日本円で1万円台~2万円台前半程度)の買いやすい価格が「戦闘用の正装」の最も大きな魅力となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。