人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アウディがPHVのコンセプトモデル『Q8 concept』ほか『SQ5 TFSI』『A5/S5 Cabriole』を発表

2017.01.19

アウディはデトロイトで開催される北米国際自動車ショー(NAIAS)で、将来の市販モデルの先駆けとなる『Q8 concept』を発表するほか、新型『SQ5 TFSI』を世界初公開。さらに新型『A5/S5 Cabriolet』を一般に初公開する。

■Q8 concept
『Q8 concept』が体現するのは、圧倒的なプレステージとスポーツ性。このモデルは、SUVならではの広い室内と、クーペのエモーショナルなスタイリングを巧みに融合している。

アウディはこのコンセプトカーにより、フルサイズカテゴリーの新しいセグメントに参入すると同時に、アウディデザインの新たな方向性にチャレンジしている。フラットで幅広いCピラーや、ホイール上に力強く張り出したショルダー部分など、『Q8 concept』に取り入れられた多くのデザイン要素は、1980年代の初代『Audi quattro』を彷彿とさせる。また、比較的低いルーフラインを採用しながら、室内には4人の乗員と多くの荷物のための広いスペースが確保されたほか、インテリアも伸びやかな水平ラインで構成することで、スポーティでエレガントな雰囲気を演出。このクルマには大型タッチスクリーンによる新しい操作コンセプトも採用されている。

また、さらに進化したアウディバーチャルコクピットとインテリジェントなAR(拡張現実)テクノロジーによって現実世界に仮想インジケーターを融合した、コンタクトアナログ式ヘッドアップディスプレイがこのコンセプトをサポートしている。この新しいヘッドアップディスプレイでは、例えば仮想のナビゲーションの矢印が、実際の路上に置かれているかのように表示されるという。

ドライブシステムとサスペンションに関しても、量産モデルから最新のテクノロジーが移植されている。実際、『Q8 concept』に搭載されるパワフルで極めて効率的なプラグインハイブリッドシステムは、330kWの合計システムパワーと700Nmの最大トルクを発生。このパワーはquattroフルタイム4輪駆動システムによって確実に道路に伝えられていく。

そのほか、エアスプリングを用いたサスペンションとセラミック製ブレーキディスクも、このコンセプトカーのテクニカルハイライトのひとつ。アウディは2018年中に、この『Audi Q8 concept』をベースとした生産モデルを市場に導入する予定だとアナウンスしている。

■SQ5 TFSI

今回のデトロイトモーターショーでは、新型「Q5」シリーズのもっともスポーティなバリエーションである『SQ5 TFSI』もワールドデビューを果たす。搭載されるターボチャージャー付き3.0リッターV6エンジンは、260kW(354hp)の最高出力と、1370rpmという低回転から500Nmの力強いトルクを発生。それにより『SQ5 TFSI』は、0~100kmをわずか5.4秒で加速する。このエンジンにはquattroフルタイム4輪駆動システムと、スムーズなシフトクオリティを提供する8速ティプトロニックトランスミッションが組み合わされる。

さらにオプションで、左右リヤホイール間のトルク配分をアクティブに制御するスポーツディファレンシャルや、走行条件に応じてステアリングレシオが調整されるダイナミックステアリングが設定されている。これらのシステムは、エンジン、ティプトロニックトランスミッション、標準装備されるダンパーコントロールとともに、アウディドライブセレクトのシステムと連携して作動。ドライバーは、アウディドライブセレクトで走行モードを選択することによって、各システムの制御プログラムを調整することができる。

また、オプションのエアサスペンションを装着すると、一定の運転状況においてサスペンションの高さも調整することが可能。そして『SQ5 TFSI』は数多くの専用エクステリアパーツ/装備により、ベースとなった『Audi Q5』から容易に識別できる。これらの装備には、アルカンターラ/レザーのSスポーツシート、LEDヘッドライト、5ダブルスポークスターデザインの20インチ鋳造アルミホイールなどが含まれる。『SQ5 TFSI』は、2017年中頃からまず本国ドイツで販売が開始される予定。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。