人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ワコムがより自然な描き心地を追求したペンタブレット『Intuos Pro』を発売

2017.01.14

ワコムから新世代のペンタブレットとして『Intuos Pro』および『Intuos Pro Paper Edition』が発表された。『Intuos Pro』はペンの正確さが向上し、より自然な描き心地を実現。『Intuos Pro Paper Edition』は、紙に鉛筆やペンで描くスケッチの工程とデジタルでの仕上げ工程をシームレスに連携したい、というニーズに応えて設計されたモデルだ。『Intuos Pro』および『Intuos Pro Paper Edition』は1月19日よりワコムストア(store.wacom.jp)および一部家電量販店にて販売が開始される。なおワコムストアでは予約販売を受付中。

 
『Intuos Pro』

「 Intuos Pro」シリーズには、最高のクリエイティブツールを求めるイラストレーターやデザイナーをはじめとするクリエイターを満足させる新機能を搭載。両製品ともに、進化した『Pro Pen 2』により、これまでのペンタブレットにはない表現力を実現している。新世代の『Intuos Pro』は厚さ8mmと薄く、持ち運びにも便利。底面に摩耗に強いアルマイトを施した付属のペンスタンドには10本の替え芯が同梱されている。

また、今回新たに発売する『 Intuos Pro Paper Edition』は、書き味のよいペンタブレットとしての機能に加え、アイデアスケッチから仕上げまで、紙とデジタル両方の作品制作フローを1台で行なうことが可能。『 Intuos Pro Paper Edition』は、紙に描いたスケッチをレイヤー分けして保存することができるため、ラスター形式またはベクター形式のソフトウェアに対応。『スケッチは紙』というクリエイターも煩わしいデータスキャンが不要になった。

 
『Intuos Pro Paper Edition』

『Intuos Pro Paper Edition』はMacまたはWindows PCに接続するとペンタブレットとして利用できるが、付属の筆圧感知対応ゲルインクペン『Finetip Pen』ならびに「Inkspace」アプリの機能を利用して、ペーパーモードでも使える。

本体とパソコンはUSB、またはBluetoothで簡単に接続することができ、すぐに作品づくりを始められる。Medium、Largeサイズ共にマルチタッチ機能をサポート。カスタマイズ可能な8個のExpressKey(ファンクションキー)とタッチホイールには、使用頻度の高いショートカットや修飾キーなどの機能を設定して、作業効率の向上を図れる。

『Intuos Pro Paper Edition』にはペーパークリップ、「Pro Pen 2」 、「Finetip Pen」を同梱。ペンタブレットに置いた紙にゲルインクペン「Finetip Pen」でスケッチすると、描いたデータは「Inkspace」 アプリに転送される。またアプリに保存されたデータは、ワコムのクラウドサービス「Inkspace」に自動同期されるため、どこからでもアイデアスケッチや下書きデータにアクセスして、クリエイティブソフトウェアを使って作品づくりを続けることが可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。