人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もし愛犬が寝たきりになったら?

2017.01.13

■連載/ペットゥモロー通信

愛犬が寝たきりになった時は?

9-25

現代医療の進歩などにより、人間と同様、犬の寿命が長くなりました。それに伴い、犬も寝たきりになったり徘徊や夜泣き、認知症などが出てくることがあります。

寝たきりになると排泄がうまく出来なくなり、オムツが必要になります。オムツはペットショップなどで手に入れることができるので愛犬にあったサイズを選んであげてください。また尿や便などでお尻周りが汚れてしまいますので、オムツを変える際に綺麗に拭いてあげると皮膚病予防にもなります。

ごはんが食べにくそうにしていたら、フードは砕いたり水に溶かしてあげると消化しやくすなります。しかし、寝たまま食べたりするとうまく飲み込めないことがあるため、首を少し上げてあげましょう。食欲がない場合は犬が好きな物を与えてあげたり、栄養素が高く、嗜好性が高いフードをあげるのも良い方法です。

床ずれ予防として赤ちゃん用のベビーマットなどの柔らかいものを引いて、1日に何回か寝かせる向きを変えてあげると床ずれしにくくなります。また、大型犬の場合だと診察に連れて行くことが大変なので、往診も選択肢にいれると愛犬にも負担が少なく、 落ち着いて診てもらうことができます。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。