人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってる?保湿も一緒にできる簡単な洗顔法

2017.01.12

◎正しい顔の洗い方知ってますか?

 とはいったものの、化粧水、美容液、乳液をすべて使ってのスキンケアは面倒という人が多いだろう。そんな人は洗顔の方法を変えるといいそうだ。

佐々木さん「洗顔の時、汚れを落とそうとゴシゴシこすっていませんか? 顔の皮膚は、ほかの部位と比べて薄いので、こすると肌荒れやシワ、シミの原因になります。それを防ぐにはたくさんの泡で手と顔の間にクッションを作り、手が直接顔に触れないように洗うといいですよ」

 泡自体に汚れや皮脂をからめとる力があるので、わざわざ力を入れてこする必要はないのだ。

佐々木さん「あとは、洗顔料を見直す必要があります。皮脂を落としすぎてしまう強い洗浄成分のものは避けましょう。うるおいを残しつつ、過剰な皮脂を落とす洗顔料がベストです」

 また、男性用には爽快感を出すため、メントールなどのスーッとする成分が入ったタイプも多いが、乾燥した肌にメントールは刺激になってしまうので避けたほうがよいという。

佐々木さん「すすぎもしっかりと行なうことが大切です。特に髪の生え際やフェイスラインに洗顔料が残らないようにしましょう。洗顔後に肌が吸い付くような、もちもちした状態がベストな洗い上がりです」

 最後にワンポイント。せっかく泡でやさしく顔を洗ったのに、タオルでゴシゴシ拭き取ってしまっては意味がない。タオルは柔らかいものを使用し、顔にやさしくタオルを押し当てるよう、水滴を吸わせるのが正解だ。

 このように、保湿を意識した洗顔を行なえば、ニキビや肌荒れを防げるほか、顔のくすみも取れて明るい印象になるはず。毎日の洗顔方法を変えて、〝モテ〟素肌を手に入れよう。

■男性の肌の特徴
男性の肌の特徴

【〝男前〟な洗顔3か条】

一、 泡をたっぷり使って、ゴシゴシこすらず洗う
一、 顔に泡が残らないように十分にすすぎを行なう
一、 洗顔後の水滴はタオルを押し当てながら吸い取る

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。