みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >退職後に移住するとしたら、どこに住…

退職後に移住するとしたら、どこに住みたい?(2017.01.11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 退職後、第2の人生のスタートとして「移住」を考えている人もいるだろう。国内外問わず、退職を間近に控える人たちに人気の移住先はどこなのだろうか。オウチーノ編集部が昨年、50~65歳で首都圏在住、就労中の男女721名を対象に「『退職後の移住』に関するアンケート調査」を実施し「仮に退職後、移住をするとしたら、どこに住んでみたいですか?」という質問をしたところ、51.0%が「国内」、19.4%が「海外」、29.6%が「特になし」と回答。「国内」と回答した人を詳しく見ると、20.9%が「東京都」、12.0%が「沖縄県」、8.4%が「神奈川県」、7.3%が「北海道」、5.2%が「長野県」と回答した。次に、「海外」と回答した人を詳しく見てみると、35.7%が「アメリカ」、7.9%が「カナダ」、6.4%が「オーストラリア」、「マレーシア」、5.0%が「タイ」、「ニュージーランド」、3.6%が「韓国」と回答している。

■移住したい街、国内第1位は「東京都」

 はじめに「仮に退職後、移住をするとしたら、どこに住んでみたいですか?」という質問をした結果、51.0%が「国内」、19.4%が「海外」、29.6%が「特になし」と回答した。「国内」と回答した人を詳しく見ると、20.9%が「東京都」、12.0%が「沖縄県」、8.4%が「神奈川県」、7.3%が「北海道」、5.2%が「長野県」と回答した。

『退職後の移住』に関するアンケート調査

「東京都」と回答した人に、その理由を聞くと「都会は流行の先端であり、娯楽が沢山あるから」(54歳/女性)、「便利な街だから」(57歳/女性)などが挙がった。「沖縄県」と回答した理由は「温暖で景色がきれいで、地震が少ないから」(50歳/男性)、「暖かい気候と住民の心優しさがあるから」(62歳/女性)、「のんびりと暮らせそうだから」(61歳/男性)などが挙がった。「神奈川県」と回答した理由を聞くと、「住みやすいから」(52歳/男性)、「知人が多いから」(57歳/女性)などが挙がった。

 また「北海道」を選んだ理由は、「趣味がウインタースポーツだから」(59歳/男性)、「生まれたところだから」(57歳/男性)など、「長野県」を選んだ理由は、「以前単身赴任をしていたことがあり、愛着があるから」(65歳/男性)、「大好きな山がたくさんあるから」(61歳/女性)などが挙がった。総合してみると、移住先に選ぶ理由として「過去に住んでいたことがあるから」や「知人がいるから」などが挙がり、地縁のある街を選ぶ傾向にあるようだ。

■移住したい国、海外第1位は「アメリカ」

 次に、「海外」と回答した人を詳しく見てみると、35.7%が「アメリカ」、7.9%が「カナダ」、6.4%が「オーストラリア」、「マレーシア」、5.0%が「タイ」、「ニュージーランド」、3.6%が「韓国」と回答した。

『退職後の移住』に関するアンケート調査

「アメリカ」では、特に「ハワイ」と回答した人が多く、その理由を聞くと、「気候が暖かだから」(54歳/女性)、「日本人が住みやすそうだから」(57歳/女性)などが挙がった。「カナダ」の理由を聞くと、「自然が素晴らしいから」(50歳/男性)、「治安が良いから」(62歳/女性)、「両親が移住していたから」(61歳/男性)などが挙がった。

「オーストラリア」を選んだ理由は、「素晴らしい自然と、雄大な景色が堪能でき、治安が良いから」(60歳/男性)、「国土が広いから。また、地震がないから」(53歳/女性)、「マレーシア」を選んだ理由は、「物価が安いから」(52歳/男性)、「旅行をした時に、食べ物がおいしいと感じられたから」(51歳/男性)などが挙がった。

 また、「タイ」を選んだ理由は、「暖かいから」(62歳/女性)、「物価が安そうだから」(52歳/女性)、「ニュージーランド」を選んだ理由は、「比較的治安が良い」(54歳/男性)、「自然が豊かだから」(64歳/男性)などが挙がった。「韓国」を選んだ理由は、「韓国語を勉強しているから」(56歳/男性)、「友人がいる」(50歳/女性)などが挙がった。全体を通し、「気候が温暖だから」と「治安が良いから」という理由が多く、移住先を考えるうえで気候と治安は特に重視されるようだ。また、「地震がないから」といった、地震大国に住んでいる日本人ならではの回答も見られた。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。