人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.07

訪日中国人旅行客の口コミ数が多い商品TOP10

ホットリンクグループである、トレンドExpressは、中国のSNS上のクチコミをもとに、2016年における訪日中国人によるインバウンド消費動向を調査し、『2016年訪日中国人消費動向まとめ』として結果を発表した。

■「日本で買った」というクチコミは1年間で510万6658件!最もクチコミされたのは「雪肌粋」

2015年12月末から同年11月上旬までの約1年間において、中国のSNS上で「日本で買った」と書き込まれたクチコミ数は510万6658件だった。商品別に集計したところ、1位「雪肌粋ホワイト洗顔クリーム」、2位「サンテボーティエ」、3位「クリアターンホワイトマスク(ヒアルロン酸)」となった。20位中7商品がランクインした「コスメ・美容用品」カテゴリーは、カテゴリー別でも圧倒的なクチコミ数で1位となり、日本で購入される定番商品であることがわかる。また、カテゴリー別のランキングでは2位「衛生・健康用品」カテゴリー、3位「医薬品」が続く結果となった。このように肌に触れる、口に入る商品カテゴリーが上位を占める点から、“安心・安全”であることが強く求められていることがわかる。

また、注目すべき点は、上位カテゴリーの商品が並ぶ中、13位にランクインした「無印良品 服飾」。「ファッション」カテゴリーは9位と高い順位ではないにもかかわらず、クチコミをみると無印良品の服飾は、その簡潔で時代の流行を追いかけないスタイルや着心地のよさという点で特に訪日中国人の支持を集めている。「muji(無印良品)に行くとつい服を買ってしまう」というようにリピートするファンがいることも関係していそうだ。また子どもに購入したり、両親に購入したりといった家族と一緒のシーンもSNS上で見られた。

■2017年注目の商品は、「ベビー・キッズ用品」と「カルチャーグッズ」

「コスメ・美容用品」「衛生・健康用品」「医薬品」カテゴリーの商品が、訪日中国人の間で定番商品として多くのクチコミを集める一方で、今後は他のどのカテゴリーの需要が高まっていくのだろうか。昨年、一人っ子政策が廃止されすべての夫婦で二人目の出産が可能となった「二人っ子政策」の施行により、子どもが増加することを踏まえると、今後は「ベビー・キッズ」商品の需要が増加することが予想される。そこで、今年、「ベビー・キッズ用品」カテゴリーの商品で「買った」と書き込みされた商品を集計したところ、1位「メリーズ」2位「moony」となり紙オムツが特に人気を集める結果となった。SNS上には、『実は日本語の成分表示なんてよくわからないけど、みんなが花王がいいというからそれにしよう(メリーズ)』『日本の産院の助産師が推薦!着色料・香料・防腐剤全て不使用!(ベビーバーユマドンナ)』『ミキハウスの服はデザインも質も最高!』といったコメントが複数の写真とともに投稿されている。「安心」「高品質」に加えてクチコミが商品購入の決定要素であることがうかがえる。

また、インバウンド需要を占う上で今後重要な存在となるのが“90后(ジウリンホウ)”と呼ばれる90年以降生まれの若者世代の存在。トレンドExpressの調査によると、これらの世代は趣味性が高く、個人の好みが強く出る商品をお土産に購入する傾向があり、今後、若者世代が訪日旅行の中心となってくることを考慮すると「カルチャーグッズ」カテゴリーの商品需要が高まる可能性が高いと言える。2016年に最も人気を集めた「カルチャーグッズ」カテゴリーの商品は「キティ―ちゃんグッズ」となり、2位「ガンダムプラモデル」3位「レゴブロック」が続く結果となった。特に、1位2位の商品は常に一定数のクチコミがみられ、安定したファン層が形成されつつあることがうかがえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ