人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.07

ヌルヌルしがちな犬の食器の洗い方

■連載/ペットゥモロー通信

アルカリ性だから生まれるあのヌルヌル

5-14

犬が食べ終わった後の食器は唾液がヌルヌルしていて、そのヌルヌルは洗ってもなかなか落ちません。

犬の唾液はアルカリ性のため、細菌が発生しやすい状態となっています。アルカリ性の唾液のついた食器は時間が経つと、細菌同士が強固にくっつき、強力なヌルヌルを持つバイオフィルムという膜を作り出すのです。

犬の食後の食器をキレイにするには、このバイオフィルムを破壊する洗い方をすることが重要です。簡単にバイオフィルムを壊すことができる方法としては、メラミンスポンジを使用しての食器洗いがおすすめ。

また、食器を洗う前に乾いたタオルでしっかりと拭いておくことで、バイオフィルムをある程度壊すことが出来るので、その後の食器洗いが楽になります。別の方法としては、酸性のクエン酸水や調理用のお酢を使うことでアルカリ性の唾液と中和され、すっきりと洗うことが可能です。

身近にあるものや一手間かけるだけで、簡単にヌルヌルをキレイにすることが出来ます。

文/大原絵理香ペットゥモロー編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ