人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電子書籍の読書量と紙の書籍の読書量は比例する?

2017.01.07

Q6.あなたが1ヶ月に電子書籍(漫画、雑誌を含む)の購入にかける費用をお答えください

1か月に電子書籍の購入にかける費用を聞いたところ、最も多い回答は、前年と同じく「0円」22.8%となった。しかし前年は「0円」と回答した人は29.3%だったことから、電子書籍に費用をかける人が増えたことがわかる。

Q7.電子書籍サービスで利用しているものをお答えください

電子書籍サービスで利用しているものを聞いたところ、全体で最も多い回答は「個別課金(通常の購入)」となり71.5%が回答した。次いで、閲覧の期限が限られている「電子書籍レンタル」24.0%、漫画や雑誌が発売日に読むことができる「定期購読サービス」14.3%という順位となった。また、その他では「無料のもののみ使用している」との声が多く、特に女性が多く回答している。

Q8.現在使用している電子書籍のサイトやアプリを知ったきっかけをお答えください

現在使用している、電子書籍のサイトやアプリを知ったきっかけを聞いたところ、全体で最も多い回答は「インターネット広告(バナー広告を除く)」となり、51.5%と約半数が回答した。性別で比較をすると、男性が多く60.0%が回答した。次いで「サイト検索」38.7%、「バナー広告」27.3%となっており、やはりweb上で知るという人が多いようだ。また、「その他」では「スマートフォンにはじめからインストールされていた」、「携帯を購入した際の同梱チラシ」など、携帯購入時に知ったという人もいるようだ。

Q9.1年前と比較し、電子書籍の読書量はどの程度変化したかお答えください

電子書籍での読書量を1年前と比較し聞いたところ、前年は1年前より「とても増えた」と17.2%が回答し、今年は25.8%と増加する結果になっている。「まあまあ増えた」を合わせた「増えた計」をみると、前年は51.0%に対し、今年は59.7%となった。電子書籍での読書量は増加中と言えそうだ。

Q10.1年前と比較し、紙書籍の読書量はどの程度変化したかお答えください

前年と比較し紙書籍の読書量を聞いたところ、増えた計は19.5%となった。前年は18.4%と大きな変化はなかった。電子書籍での読書量は増え続けているようだが、紙書籍の読書量は大きな変化はないようだ。

【調査概要】
調査方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査対象:アイリサーチ登録モニターのうち、直近1年以内に電子書籍を読んだ全国の20歳~49歳を対象に実施
有効回答数:600名(20代~40代の男女:各100名)
調査実施日:2016年12月9日(金)~2016年12月12日(月)

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。