みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >スマホの音楽をもっと楽しむためのBl…

スマホの音楽をもっと楽しむためのBluetoothスピーカー&ヘッドホンの選び方(2016.12.31)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツやアウトドアで、あるいは仲間と一緒に……。音楽プレーヤーとしてのスマホの可能性を広げる無線スピーカー&ヘッドホンの選び方をプロに聞いてみた!

◎人気モデルが続々登場。来年はBT普及年になる!? 通話やネット、ゲームだけでなく音楽プレーヤーとしても大活躍のスマホ。大量の楽曲をこれ1台に収め、しかも手軽に持ち運べるとなれば、家でくつろいでいる時はもちろん、ホームパーティーなどで仲間と音楽をシェアしたい場合にスピーカーが欲しくなる。とはいえ、市販されているスピーカーはとにかく数が多く、どれがいいの? と迷う人も多いことだろう。

 そこで注目したいのがBluetooth(以下BT)スピーカー。音質だけでなく、アウトドアでも使えるような防水性能や耐衝撃性に優れたモデルを選びたい。

 従来、BTモデルは有線のモデルに比べ音質が劣化することもあり、オーディオ好きから敬遠されるケースがあった。しかし、それも今や昔の話。

「最新のBTは、以前に比べ通信速度が格段に向上しています。このため、音質劣化はほとんど感じません。しかも低消費電力化も進み、1回の充電で長時間の使用も可能になりました」

 とイヤホン&ヘッドホンの専門店「e☆イヤホン」の岡田さんは言う。

 その意味ではスピーカー同様にヘッドホン、イヤホンの世界でも急速にBTモデルの人気が高まっているという。

「音質は有線モデルとほぼ同等。売れ筋の人気モデルも続々と無線化を進めており、今年はこのBTモデルがブレークすると思います」(岡田さん)

 特にヘッドホンではノイズキャンセリングモデル、イヤホンではスポーツタイプが人気。スピーカーとともに行動範囲をグンと広げてくれるはずだ。

 

【BT SPEAKER】置きやすく音質の良い筒形スピーカーに注目!

●衝撃や水に強いから外でもOK

Ultimate Ears『UE BOOM2』 Ultimate Ears『UE BOOM2』
Ultimate Ears『UE BOOM2』
オープン価格(実勢価格約2万4000円)

耐衝撃設計とIPX7等級の防水機能を採用。机上から落としても、濡れてしまっても安心。再生音は厚みのある低音に特徴がある。NFC対応。最大連続再生時間=約15時間。直径67×高さ180mm、548g。

1 2 3 4 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。