人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

初詣のお賽銭の平均額が最も高い県は?

2016.12.30

■一番人気の縁起物は「おみくじ」。お賽銭の平均金額は605円

 初詣にはつきものの”縁起物”。様々な縁起物がありますが、何が人気なのだろうか?1位に輝いたのは57.8%の人が購入すると答えた「おみくじ」だった。ゲーム感覚で1年の運試しが出来るおみくじは、初詣の定番と言えるようだ。2位は39.8%の「お守り」、3位は9.6%の「お札」、以下「破魔矢」、「絵馬」と続いており、やはり手ごろな価格で買い求められるものが、人気を集めた。

初詣のお賽銭の平均額が最も高い県は?

 縁起物と共に、初詣とセットとなっているのが「お賽銭」。初詣の平均金額は「605円」となった。金額の分布を見てみると、最も多いのが100円〜499円と言う人で27.2%。次いで多いのが1000円以上万円未満の17.8%となっており、硬貨では無く「お札」をお賽銭として使う人が2割程度いることがわかる。年初めということもあって、普段よりお賽銭を奮発する人も多いのではないだろうか。また、ゲンを担いだ金額をお賽銭として使う人の割合も非常に多く、5円、50円、55円、500円、555円といった、「ご縁があるように」と言う願いを込めた金額が全体の41.7%を占めた。

初詣のお賽銭の平均額が最も高い県は?

■お賽銭を最も奮発するのは、お伊勢さんのお膝元「三重県」民

 それでは最後に、出身地別のお賽銭の金額ランキングを見てみると、最もお賽銭の平均金額が高かったのは「三重県」で、平均額は2323円と、全体平均の4倍近い金額となっている。日本で最も有名な神社のひとつである伊勢神宮のおひざ元とあってか、2位以下を大きく突き放している。逆に、平均金額が最も低いのは「沖縄県」で、平均金額は63円と、唯一100円を下回った。沖縄県は、本土とは違った歴史背景もあってか、神社の数が11社と極端に少なく(※神社本庁調べ)、初詣に対する意識に違いがあるのかもしれない。

初詣のお賽銭の平均額が最も高い県は?

 年初めの恒例行事である初詣。やはり多くの人が参拝に出かけていることが、数字からも分かった。今年も残りあとわずか。皆さんも、そろそろ来年の初詣の計画を立ててみてはいかがだろう。

【調査概要】
・調査エリア :全国
・調査方法 :サイトを利用して、実際に引越した人を対象にインターネットアンケートを実施
・調査期間 :2015年11月〜12月
・サンプル数 :952件

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。