人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.29

日本人1人あたりの年間消費量は2.4kg!冬に食べたいチーズ料理TOP5

農林水産省の「平成27年度 食料需給表」によれば、日本人1人あたりの年間チーズ消費量は2.4kgと推計されている。マリンフードは、そんなチーズと冬の食事に関する意識調査を実施。寒さも本格的になってきたこの時期に、男女計4671名を対象に聞いた冬とチーズの関係性についての調査結果を発表した。

チーズをどれくらいの頻度で食べたいかを質問したところ、1日1回以上はチーズを食べたいと回答する人が、全体の52%を占め、過半数を超える結果となった。2~3日に1回は食べたいと答える人に関しては、全体の85%という結果になり、チーズ人気が明らかになった。

前述の通り、チーズを1日1回以上食べたいと考えている人が過半数を超えるという結果にも関わらず、実際に毎日1回以上チーズを食べている人は、23%しかいないという結果になり、食べたいという希望を実現できていないという実情が判明した。

1日1回以上チーズを食べたいと考えている人が多い一方で、実際には1日1回以上チーズを食べている人が少ないという実情から、チーズを食べる際に気になることを質問したところ、「価格」を気にする人が多いということがわかった。また、購入する食材を選ぶ際に重要視する項目は何か質問したところ、おいしさに次いで、「値段」を気にする人が多く、チーズを思う存分食べられない背景には家計の事情が関連することがうかがえる。

 

チーズが食べたくなる季節について質問したところ、約7割の人が“冬”と答え、四季の中で圧倒的に冬にチーズを食べたいと思う人が多いということが判明した。また、冬に食べたいチーズ料理を質問したところ、チーズ料理の定番であるアツアツのグラタンが第1位という結果になった。

 

【調査概要】
調査機関:2016年10月29日~2016年11月4日
調査対象:男女4671名
調査方法:インターネット調査

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ