人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.01.01

職場での女性の活躍推進、男性はどう感じてる?

2016年は4月に女性活躍推進法が施行され、性別、年齢、人種や国籍、価値観などの多様性だけでなく、キャリアや経験、働き方などの多様性に対する関心が高まりつつある。特に、女性活躍に関するセミナーやフォーラムなどが各地で開催され、女性の活躍を推進する動きが活発になってきた。そんな女性活躍推進について、男性はどのように感じているのだろうか。オークローンマーケティングが運営する「ショップジャパン」は、首都圏で働く20~50代の会社員を対象にダイバーシティに関する調査を実施した。

■女性の活躍をサポートしたいと感じている男性は、約4割しかいない!

現在の勤め先における女性活躍推進について、「女性の活躍を自分もサポートしたいと意識するようになった」と回答した男性は、「非常に当てはまる」が5.8%、「やや当てはまる」が37.5%となり、合わせて約4割となる43.3%しかいないことがわかった。また、「女性社員の活躍が会社にとってプラスになっている」と回答している男性も約半数しかおらず、女性活躍に対して前向きな意識を持っている男性が未だに少ないことがわかった。

■男性の3人に1人が、女性のほうが重視されているように感じている

「男性より女性が重視されているように感じている」という問いに対し、男性の回答は、「非常にあてはまる」が9.0%、「ややあてはまる」が25.0%となり、合わせて男性の3人に1人となる34.0%が女性の方が重視されているように感じていることがわかった。

■男性の4人に1人が女性のほうが評価され、昇進が早いと感じている

「女性の方が評価される、または昇進が早いように感じる」という問いに対し、男性の回答は、「非常にあてはまる」が9.3%、「ややあてはまる」が20.3%となり、合わせて男性の4人に1人となる29.6%が女性の方が評価され、昇進が早いと感じていることがわかった。

■男性の4人に1人が女性活躍のシーンが増えて焦りを感じている

「女性活躍のシーンが増えて焦りを感じる」という問いに対し、男性の回答は、「非常にあてはまる」が5.3%、「やや当てはまる」が21.0%となり、合わせて4人に1人となる26.3%が女性活躍のシーンが増えて焦りを感じていることがわかった。

 

【調査概要】
調査主体:オークローンマーケティング(ショップジャパン)
調査対象:首都圏の20~50代会社員 男女800名
実施期間:2016年8月
調査方法:インターネット調査

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ