人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.28

初詣にいかが?お正月は東京国立博物館が盛り上がる!

初詣といえば、神社か寺に行くものというのが通り相場であるが、博物館という、もう一つの選択肢があると知ったら驚くかもしれない。

東京国立博物館は、『博物館に初もうで』と銘打った、大がかりな特別展示会とイベントを毎年1月に開催しており、2017年で14回目を迎える。この期間は、正月のめでたさを感じさせる国宝や重要文化財が展示され、和太鼓やオペラといった国内外の伝統芸能が実演される。

「博物館に初もうで」!?お正月は東京国立博物館が盛り上がる

2016年1月2日~31日に行われた前回の『博物館に初もうで』は、最初の2日間で約1.3万人、期間中に約6万人の来館者をかぞえ、知る人ぞ知る催し物から、年始のメジャーな一大イベントへと飛躍を遂げている。

2017年の『博物館に初もうで』は、1月2日~29日に開催される。

期間中にわたり、干支の酉にちなんで「新年を寿ぐ鳥たち」というテーマで、鳥が描かれ、あるいは意匠として配された美術工芸品が展示される。それには、『竹鶏図』(重要文化財)や『花鳥図屏風』も含まれる。また、2日から15日までの期間限定で展示されるのは、『松林図屏風』や『古今和歌集(元永本)上帖』といった、東京国立博物館を代表する国宝。そして、池坊・蔵重伸氏の生け花が、本館エントランスホールなどで飾られる。

2日と3日には、本館前や平成館大講堂などのスペースにて、和太鼓、曲独楽、落語、獅子舞、オペラ・クラリネットコンサートが披露される(スケジュール詳細はこちら)。いずれも、その道の第一人者が出演し、迫力と見ごたえは十分。

「博物館に初もうで」!?お正月は東京国立博物館が盛り上がる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ