人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

『Xperia Ear』は本当に音声だけですべてをこなせるのか?

2016.12.25

■音声操作機能は、対応アプリの少なさが課題

 ユーザーの側からXperia Earを能動的に使いたい場合は、ボタンを1回押す必要がある。ボタンを押すと「お話しください」という音声とお知らせ音が流れるので、その後に「○○さんに電話」や「メッセージ読んで」などと話しかければよい。電話の場合は、「○○さんに電話しますか?」と聞かれるので、OKなら首を縦に振ると電話がかかる仕組みだ。「はい」とわざわざ発声しなくてもいいのは、センサーで首の動きを検知しているため。誰もいないところに向かって話しかけなければならないため、人が多い屋外で使うのはためらわれるが、自然に操作できるのは評価できるポイント。単純なBluetoothヘッドセットでは実現できない機能といえる。

ボタンを押すと、音声操作機能が起動する
ボタンを押すと、音声操作機能が起動する

電話をかけたり、メッセージを送ったりといった操作に対応
電話をかけたり、メッセージを送ったりといった操作に対応

ジェスチャーに対応しており、OKと言葉に出す必要がなく、首を縦に振るだけでよい
ジェスチャーに対応しており、OKと言葉に出す必要がなく、首を縦に振るだけでよい

 ただし、筆者の使用環境では、なぜか電話を発信することができなかった。原因を調べてみたところ、どうやらIP電話アプリをインストールしていたためで、発信時に通常のダイヤラーを使うか、そのアプリを使うかの選択肢が画面に出てしまっていた。これはAndroidのインテントと呼ばれる機能で、OS側に実装されているため、Xperia Earからコントロールできない。この選択肢が出たところで通常の「電話」を選び、「毎回」を選択すると電話がかけられるようになったが、少々戸惑った部分でもある。こうしたトラブルは他のユーザーの利用環境でも起こりうるため、アプリ内などで告知しておいてほしいと感じた。

 メッセージの読み上げに関しては、精度が高く、日本語としてスムーズに聞き取ることができる一方で、残念ながら対応しているのがSMSのみ。他社のアプリを勝手に開き、中身の文章をXperia Ear側のアプリでのぞかなければいけないため、技術的に実現が難しい可能性はあるが、より利用頻度の高いGmailやLINEなどのアプリへの対応が望まれる。ほかにも、音楽を再生できたり、タイマーをセットしたりできるが、現時点では能動的に音声操作することは少ないと感じた。できることが限られているうえに、やはりスマホで操作した方が速いことが多いからだ。この点は、今後のアップデートに期待したい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。