人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

格安スマホの大容量プランは本当にお得なのか?

2016.12.25

■大容量プランとカウントフリー、どちらを選ぶべきか?

房野氏:キャリアの大容量プランは、どのくらい契約されたのでしょうね。

法林氏:少ないと思いますよ。メインターゲットは家族と、家に固定回線がない人になるので。

石川氏:KDDIは囲み取材で、増収効果が出たということを言っていませんでしたっけ?

石野氏:ドコモは、大容量プランに変えて得する人が最初に契約しているから、増収効果はまだないみたいなことを言っていました。

石川氏:いっぱい使う人しか契約していないからだよね。これからは、それほど必要ない人も契約するから、トントンになっていくと。

法林氏:そうならないと儲けにならない。

石野氏:平たく言えばそうですけど、吉澤社長はだいぶ言葉を選んでいました。

石川氏:ともあれ、ARPUの押し上げ効果が出るので数字的には上がるけれど、まだヘビーユーザーが契約しているので、我慢する時期だろうとは思います。契約数が出てないので何ともいえないですけど、大手キャリアはこれから大容量プランが主力になってくると思う。自分も大容量プランに変えたけれど、なかなか使い切らないのが正直なところ。ただ、Wi-Fiルーターも解約して、テザリングでいいという感じになりました。

石野氏:キャリアにとっておいしいのは、今まで3GBとか5GBとかを節約して使い切らなかった人が、抑制を取り払うために20GBプランに変えてくれること。

石川氏:毎月データ容量を追加していた人が大容量プランに変えると、追加料金がなくなるので減収になる。でも一方で、今までそれほど使っていなかった人が大容量プランに変えて、トータルでたくさんのユーザーが契約すれば、トントンになるという感じだと思います。

房野氏:容量が足りない人の選択肢として、カウントフリーと大容量プラン、どちらがいいでしょう。

法林氏:どっちがいいかは微妙だけど、たぶん、僕は大容量プランの方が、入っていきやすいだろうと思う。カウントフリーは分かりにくい。カウントフリーの議論の対象になるLINEモバイルが、表向きは順調に会員数を伸ばしているというけれど、それほど増えていないんじゃないかというところもある。AmazonでもSIMカードを売ることになって、いわれているほどは伸びていないんだなということが、逆に分かってしまった感じです。

石野氏:あれはちょっとね。先行申し込みで3000円払ったのはなんだったんだという感じ。

石川氏:FREETELもそうだけど、カウントフリーですべてをちゃんとカウントするのは難しいと思う。しかも、ユーザーには、カウントしている、していないの感覚もないと思う。

石野氏:カウントフリーは、容量を使い切った後にも、LINEとTwitter、Facebookがサクサク使える保険みたいなものかな。無料だからといって、SNSをバカバカ使うというものではない気がする。

......続く!

次回はUQモバイルとワイモバイルついての会議です。ご期待ください。

法林岳之
法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温
石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也
石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子
房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。