人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.24

秘境酒場史上、最強の逸品に瞠目!静岡の魚屋『O商店』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

秘境酒場史上、最強の逸品に瞠目した静岡『O商店』

秘境酒場史上、最強の逸品に瞠目した静岡『O商店』の評価

オヤジス度    ★★★
エルドラ度    ★★★
オヤジナリティー ★★★

 まいった! とことんまいった!!

 こんな強烈な、そして魂を溶かされるほどに、目と舌が魅せられた料理に出くわしたのは、そろそろ54年になりなんとしている人生で初めてだった。今回はそんなスゴイ話!!

 その日はサウナ好き数人で静岡のサウナにいっていた。サウナマニアならば、避けて通ることのできない“サウナーの聖地”『サウナS(仮名)』ですよ。

 最高に満たされまくったサウナ体験を経て、その後に一杯っつうか4〜5杯呑んでいこうと向かったのが、『サウナS』から徒歩10分の『O商店』!

 このO商店。オレのサウナ師匠の一人であるトッププロサウナーの濡れ頭巾ちゃん氏が見つけて教えてくれたんだけど、まぁ〜よく見つけしまたね! と、濡れ頭巾ちゃん氏の酒場レーダーに脱帽せざるをえない場所にある。

 完全な住宅街の中、地元の人以外知りようもない一角にポツネンと鎮座してて、夜なんか行くと、店の周辺は街灯もまばらな真っ暗闇! 歩いて向かう途中なんか、その店の明かりを見つけるまでは、本当にこんな所に呑み屋があるのか? 道間違ったんじゃないか? と不安な精神状態で夜道を歩き続けなければならない。

 そんな中でやっと店の明かりを見つけると、まぁホッとはするけれど、逆にオレはタヌキに騙されてるんじゃないか? この店、タヌキ御殿じゃないか? とすら思っちゃう、そんな場所。この立地条件はまさしく秘境酒場ですよ! しかし、この店の秘境酒場ぶりは場所だけじゃない!!

 この『O商店』。呑み屋ではなく、本業は魚屋さんのなのだ。その魚屋さんの一部が酒屋さんになっていて、酒屋部分の奥にちょっとした8畳程のスペースがあって、大きなテーブルが二つとイスが置いてあって、呑めるスペースになっておられる。

 ですから角打ちといいますか、魚打ちといいますか、まぁ“魚角打ち”ですかね。そんな呑み屋なんですよ。

 さらに秘境度を上げているのは、呑めるスペースのそのまた奥は、この魚屋さん一家の茶の間でしてね。え〜リビングというよりも間違いなく茶の間ですよ、畳敷きの。一応呑めるスペースと茶の間の間にはガラスの引き戸があるんだけど、何故かその引き戸は常時開けっ放し!!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ