人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.24

スキー、スノボ、雪合戦、あらゆる雪遊びで使えるファイントラックのグローブ&ソックス

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

■しなやかな装着感でしっかり踏み込める

 雪遊びの悩みといえば、指先の冷え。

 防水性の高いグローブやブーツは雪の浸入は防ぐことはできても汗で内側はしっとり濡れるし、古いブーツやグローブはいつの間にやら溶けた雪が染みてくる。夢中になって遊んでいると気づきにくいが、リフト待ちなど動きを止めたとき、体の芯から冷えを感じるのだ。

 この悩みを軽減するには「ファイントラック/スキンメッシュソックス5本指クルー」(2592円)と「同/パワーメッシュインナーグローブ」(3564円)が役立つと聞き、オープンしたばかりのスキー場で試してみた。今年はウエア、次は板……と一年ごとに道具を買い換えているうちに、つい買い換えのタイミングを逸した古いグローブ(5シーズン目)、ブーツ(8シーズン目)との組み合わせだ。

 当日は気温が高く、一部雪が溶けて地面が見えるほど。寒さに震えることはないが汗をかくし、ブーツもパンツの裾も溶けた雪でぐっしょり濡れてしまった。スノーボードは立ち上がるときに手をつくので、グローブも濡れがひどい。ところが、パワーメッシュインナーグローブとスキンメッシュソックスを脱ぐと肌はサラリとしているのは驚きだ。

 これは撥水性を備えたメッシュ生地が、汗や湿気を放出しつつ、溶けた雪など水分の浸入をブロックするため。どちらの生地も、見た目は硬そうだが着用するとしなやかでストレッチ性は十分。歩行や滑走の違和感はなく、しっかり踏み込めるし、休憩時に脱ぐこともあるグローブはすべりがいいので脱ぎ着のストレスがない。

 創業時から独自のレイヤリング哲学を持つ同社が開発しただけあり、縫い目は薄く、重ね履きしてもゴロゴロしないのはさすが。

 ファイントラックによると「2009年にドライレイヤーソックスを発表して以降、5本指ソックスは多くのリクエストをいただいていました。生地に多大な負担がかかるので、特殊な糸を使うんですが、この糸を編む機械の確保に難航しました。

 また、かつては香川県が手袋生産量世界一でしたが、人件費の安い海外での生産が主流となり、今は職人も工場も少なくなっています。ファイントラックは、縫製技術の高い国内でモノ創りを続けたいと考えており、香川の小さな工場へ日参してグローブ生産が実現しました。裏返してその丁寧な作りを確認してみてください」。

パワーメッシュインナーグローブ
パワーメッシュインナーグローブ。ポリエステルとポリウレタンのしなやかな混紡糸はストレッチ性をもたせており、締め付け感がない

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ