人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.23

12月の住宅ローン金利、都市銀行とネット銀行の一部で引き上げ

12月の住宅ローン金利は都市銀行とネット銀行の一部が引き上げ

全国763金融機関、17,000超の住宅ローンプランを比較できる「WhatzMoney 住宅ローン」を手がけるWhatzMoney株式会社は、独自に12月実行分のローン金利状況を調査・公開した。主な結果は次の通り。

■12月の主要73行の住宅ローン金利動向は、10年固定金利で73行中10行が金利引き上げ

12月の住宅ローン金利は、10年固定金利で主要73行中10行が金利を引き上げた。都市銀行とネット銀行の一部が金利を引き上げている。

米国では、トランプ次期米大統領が打ち出す経済政策が米経済を押し上げるのではないかという期待から、大統領選前に2%を下回っていた米国の長期金利が2.3%程度の水準まで上昇している。その影響を受け、マイナス0.05%程度の水準にあった日本の長期金利も、プラス0.02%程度の水準まで上昇。10年固定金利型の住宅ローン金利は、長期金利を基準に設定されているので、12月は金利を引き上げた銀行が多くなった。

一方で、変動金利型の金利を引き上げた銀行は主要73行中2行のみで、10年固定金利型と比べ、金利引き上げ行は少数にとどまった。これは、変動金利型住宅ローンの基準金利である短期金利は、日銀がマイナス金利政策を継続している影響を受けたものである。

12月の住宅ローン金利は都市銀行とネット銀行の一部が引き上げ

■10年固定金利型の平均金利は、金利引き下げ3行の引き下げ幅が大きく、平均金利では前月比マイナス0.002%に

主要73行の10年固定金利型の平均金利は0.990%(前月比マイナス0.002%)。若干ではあるが、平均金利は低下した。

12月の住宅ローン金利は都市銀行とネット銀行の一部が引き上げ

これは、金利引き下げ行の引き下げ幅が大きかったことによる。例えば、イオン銀行は「期間限定10年固定特別金利プラン」を発表し、10年固定金利型の金利を0.790%から0.590%と0.2%引き下げています。各行で提示金利がまちまちになっているため、住宅ローンは比較検討して選ぶことを勧める。

なお、主要銀行73行の変動金利型の平均金利は0.939%(前月比マイナス0.002%)。変動金利型の金利は10年固定金利型と同様に若干低下した。

12月の住宅ローン金利は都市銀行とネット銀行の一部が引き上げ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。