人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.23

アウトドアブランドのパタゴニアはなぜ、オーガニックなビールを作ったのか?

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~『アウトドアブランドのパタゴニアはなぜ、オーガニックなビールを作ったのか?』

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 え? パタゴニアがビールを?

 それは、チリの地名からのビール銘柄「パタゴニアビール」ではない!
 
アウトドアメーカー「パタゴニア」のビールだ。

パタゴニアのサイト

 幼い頃から金沢の川や海で釣りをして育ち、小笠原にはまったり、イルカと泳ぐためにバハマに行ったりしていた僕としては耳なじみのある近い存在のメーカー。と言いつつ、この10年ほどは、野球ばかりでめっきり海山川に行かなくなった「インドア系アウトドア人間」なんだけど……。

 当連載担当ザッキーからの情報メールでこのビールを知った時、いまいち話が見えなかった。世界のアウトドアメーカーがなんでまた180度違うような食の開発をするの? と。その後、ググってみていろいろわかってきた。自然に関わる企業らしく、自然を大切にしていくために、<オーガニックで再生可能な農業>を理念として掲げ、食品開発を進めていて、ビールもその一環ということだった。

 今回取り上げるのはビールだが、それ以外に、というかメインで提供している食品は、フルーツ+アーモンドバーとかスープとか燻製のサーモンとか。サイトの食品カテゴリには、なぜそのアイテムを開発したのかが非常に明快に記されている。

●パタゴニア「プロビジョンズ
<パタゴニア プロビジョンズは食物連鎖を修復するための解決策を探る試みです>

なるほどと深く頷く、たしかに壮大とも言える理念で、素晴らしい取り組みだ。

 この連載はビールそのものについて書くわけだけど、パタゴニア「プロビジョンズ」についてなど含めて、もっと知りたければこのあたりの記事に詳しい。

●F.M.J
パタゴニアのクラフトビールが日本上陸。食品事業「パタゴニア プロビジョンズ」の新作

●TABI LABO
ポートランドのブリュワリーとパタゴニアが手を組んだ。そこから生まれたクラフトビールとは?

●アウトドアカルチャーのニュースサイト「Akimama」
「パタゴニアから生まれたビール「ロング・ルート・エール」を飲んでみた」

 ロング・ルート、その意味は「長い根っこ」! なのだと。根っこが3メートルにもなる「カーンザ」という小麦は、1年限定ではなく複数年にわたり、実の収穫が可能とか。詳細は省くが、このことが、農薬不要のオーガニック作物、そしてオーガニックなビールにつながっていくわけだ。

 そしてこのビールを生で飲めるお店が、渋谷にある。

●「Akimama」アウトドア好きが集まる?!クラフトビール専門店。2016年はビール復権の兆し。

●「PDX TAPROOM

 実はここ、今年の夏、店の下を通って看板を見て、看板のかっこよさと下にあった案内で、これは行かないと! 気になりまくっていたお店。しかし忙殺され行っておらず、そうしたらこの「パタゴニアのビール」のことで行き着いてしまった! これは行かねばと、この原稿書いている翌日に行きます!(笑)

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。