人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.21

ジャガーが最高峰の電気自動車レース「フォーミュラE」に参戦した理由

なぜジャガーが最高峰のEVレースに挑むのか?

 2016年10月9日香港島にて感じたフォーミュラEは、新しい快感を引きずり出すオーラがあった。

 骨が軋むような音がする。まるで抜き身の刀が激突するような音もする。

 ハイブリッドカーのような上品なモーター音とは違う、ちょっと重い回転音が響いてくる。ギアのアップダウンに合わせて響くガキガキッという音。苦しそうなブレーキ音もエンジン音がないためか直接耳に飛び込んでくる。マシンが接触する音もクリアに聞こえる。大きく響くガンッという音は一体何だろう?

 目の前をかすめていくのは、まさに超巨大ラジコンカーのようなマシンたち。

 世界最速のEVを競うフォーミュラEの戦いの場は無音ではなかった。いや、モーター音はある程度すると思っていたが、ここまで男っぽい音が鳴り響くレースだとは思わなかった。

 レースの醍醐味として、長きに渡りまさに咆哮ともいえるエンジン音こそが価値ある一つのパーツとして語られてきた。加速、減速に伴う激音は、脳に直接的に快感物質を受け渡す役割を常に演じてきたのである。

 対して新世代のEVレースであるフォーミュラEは、まるで剣士が無言で間合いを測り、刃が激突するかのような空気感と知的興奮の中でレースが繰り広げられる。今まで聞こえてこなかった骨が軋むような音、筋肉が千切れるような無骨な音は見る者のアドレナリンをゆっくりと巨大化させていくのだ。

 スタート直後のヘアピンに飛び込んでいく各車両。公道ゆえか普通のサーキット入りRがきつい。よってレースの醍醐味は上がる。

なぜジャガーが最高峰のEVレースに挑むのか?

■ジャガーとパナソニックが隠していた秘密とは?

 フォーミュラEは2014年からシーズンを開始し、今年16年で3シーズン目を迎えた、モーターのみを搭載する完全EVのみの世界最高峰のレースである。

 大都市の内部で行われるのが特徴で香港の場合、香港島の中心部に隣接した会場だった。

なぜジャガーが最高峰のEVレースに挑むのか?

なぜジャガーが最高峰のEVレースに挑むのか?

 第一コーナーの脇には軍の施設があった。軍のビルから見るレースはきっと特等席レベルだろう。こんなユニークな立地のレースもフォーミュラEならでは。

なぜジャガーが最高峰のEVレースに挑むのか?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ