小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ロードバイクタイプの電動アシスト自転車、ヤマハ『YPJ-R』で東京~箱根100kmライドに挑戦!

2016.12.21

【日本橋~江の島/総走行距離56km】
地形に合わせたアシストモードの使い分けが、電動アシスト自転車ロングライドの極意だ

 スタート地点の東京・日本橋までは電動アシストを完全にOFFにし、ロードバイクとしての基本性能を感じながら走行。電動ユニットがフレーム中央に配置され、車体バランスがとれているので、平地を走っている限りでは車体の重さを感じることはない。メーカーから借りたそのままのハンドルポジション&フラットペダル仕様のため、いつもポジションではなかったが、アシストなしでも平地で時速25km巡航走行を楽しめた。

 日本橋に到着し、ここからアシストをON。アシスト走行モードは“オフ(サイクルコンピューターとしては起動)”“エコ”“スタンダード”“ハイ”の4段階設定で、平地メインの都内はエコモードにしてスタート。上り道が出現する後半までバッテリーを持たせるため、信号で停車後に再スタートする際には、一気にスピードを時速25kmまで上げて、その速度以上で巡航走行することで、平地では一般的なロードバイクとしての走りを楽しむことにした。

 多摩川を越して東京から神奈川に入った段階で距離は18.4km。エコモードに入れた状態で走り続けているが、スタートで一気にアシストが切れる時速25kmまで上げるように心がけているためか、ここまで10段階のバッテリー残量は1メモリも減っていない。

 神奈川に入り、国道1号線を走っていくと、次第に交通量が増え、短い上り道が増えてきた。バッテリー残量もまだまだあるので、平地ではエコモード・上りと信号での再スタート時にはスタンダードモードにしながら走っていくことにしよう。

 エコモードよりアシスト力の強いスタンダードモードにすることで、上りが楽になるだけでなく、走り始めでも車体が安定し、交通量の多い道でも安心して走れる。しかし、スタンダードモードにするとバッテリーの減りが早い。距離56km地点の江の島海岸に到着した時にはバッテリー残量は7/10。時速24km以上に一気にスピードを上げてから、スピードを落とさずに巡航する走り方でも約1/3はバッテリーを使ってしまうので、常に時速24km以下で走った場合は、バッテリー1本で距離100kmライドすることは難しい(メーカー発表の標準パターンで走行した際のエコモードのアシスト距離は48km)。

 電動アシスト自転車でロングライドを楽しむコツは、走り始めから時速25kmまでの素早いスピードアップとその速度以上での巡航走行、そして地形に合わせてこまめにアシストモードを使い分けることだ。

東京・日本橋からスタート。東海道をメインに観光ポイントにも立ち寄りながら箱根へ!
東京・日本橋からスタート。東海道をメインに観光ポイントにも立ち寄りながら箱根へ!

小型&軽量化を追求したドライブユニットはフロントギヤ裏側に収まり、スタイリッシュ
小型&軽量化を追求したドライブユニットはフロントギヤ裏側に収まり、スタイリッシュ

平地区間はエコモードを中心に走行。神奈川・江の島まで56kmでバッテリー残量は2/3
平地区間はエコモードを中心に走行。神奈川・江の島まで56kmでバッテリー残量は2/3

走行中も操作がしやすく、細かい地形に対応して適した走行アシストモードに変更できる
走行中も操作がしやすく、細かい地形に対応して適した走行アシストモードに変更できる


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。